2007年02月14日

永遠の愛?

今日はバレンタインデーです♪揺れるハート
皆さんはどの様にお過ごしですか?
神奈川県は、生憎の暴風雨な夜…。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

外では色んな物が、風で吹っ飛んでおるようですな。台風
バレンタインと言えば、このニュースご覧になりました?
5,6千年前から続く愛ですよ!愛!黒ハート

2007_02_12t220523_345x450_us_archaeology_italy_embrace.jpg

こんな愛、良いですよねー!ムード
恋愛なら3年位付き合った事があっても、いざ結婚って言うと1年ももたなかった、以前の結婚の経験だけだもの、非常に不安ですよー。もうやだ〜(悲しい顔)

どうなの?がく〜(落胆した顔)
3年とか、5年とか経っても、ラブラブってあり?
それともよく言う「結婚して3年もしたら、恋愛感情なんてなくなるわよー」ってヤツ?

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

真面目に怖いんですけど…。バッド(下向き矢印)
これでまた離婚とか、絶対に経験したくないんですが…。
他人と恋愛感情無しに、10年ってどうなの?

え?
私の周りですか?
身近な叔父も叔母も離婚して、今独り身ですが…。バッド(下向き矢印)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

両親は一度離婚して、また結婚した恥ずかしカップルですが…。バッド(下向き矢印)
話せば長くて、嫌な話ですが、子供には非常に迷惑な話です。
それも仲は良いのかもだけど、喧嘩ばっかでしたよ…。バッド(下向き矢印)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

愛が冷める時…。たらーっ(汗)
安心してる時に、突如やって来るものなのかしら?
それとも徐々に関係を蝕んでいくものなのかしら?

うーん…。あせあせ(飛び散る汗)
微笑みの君が言うように、お互いがお互いをいつも、幸せにしてあげたいなって、想う心を忘れずにいるしかないのか…?

それでもなぁ…。たらーっ(汗)
私の前回のような事もあるしね…。
ま、この写真の二人のように、いつまでもいつまでもお互いを想いあって、離れたくない間柄でいたいものです。

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!
posted by ヨピコ at 19:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

距離

今日は日本では勤労感謝の日、アメリカでは感謝祭で祝日でしたね。晴れ
とんでもなく、久しぶりに微笑みの君と会える事になってた私。グッド(上向き矢印)
チョッと気合を入れて、エステで全身をトリートメントしてみた。

え?良くそんなお金があるなですって?ふらふら
無料体験に決まってますよー!ー(長音記号2)
(って、無料かよ!)
ぶほほほほほ!

家賃の心配はなくなっても、保育費がとんでもなく掛かってるのよねー。もうやだ〜(悲しい顔)
私立の幼稚園代に、延長保育と二次保育代、休日勤務の時の私立の保育園代までありますからねー。
まだシングルマザーの私に、お金の余裕なんてありませんがな。バッド(下向き矢印)

微笑みの君がいた時は、食費は全部出してくれてたけど、今は食費から交通費までやっぱり自分持ちですからね。
それでも光熱費を多めに置いていってくれたので、助かってますが…。たらーっ(汗)

さてはて、そんな再会を前に、私の携帯が突然死んだ。バッド(下向き矢印)
で取りあえず、彼の友達君との待ち合わせ時間を、微笑みの君にメールして、予約していたエステに出発した。

40万とか、60万とかの話を散々聞いた後、携帯を携帯会社で故障に出し、予備のとんでもない旧式の大きいのを借りる。車(セダン)
時間も差し迫ってて、猛烈急いで帰宅する。

すると何軒もメッセージが…。
3時半待ち合わせが、2時半に早まったとか…。がく〜(落胆した顔)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

って言うか、既にその時点で3時過ぎてるし!
夢中で支度して、化粧もせずにゲートに向かう!
(スッピンかよ!あせあせ(飛び散る汗)

友達君…。がく〜(落胆した顔)
この寒い中、一時間以上も待っててくれたらしい…。
ゴメンよおおおー!

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


友達君のお陰で、微笑みの君に会う事が出来ました。ムード
微笑みの君は、ギュッと3秒程、ハグしたかと思うと、それで終わり。がく〜(落胆した顔)
じゃあ、食事に行こうかって感じ…。

あれれ?
あっけなくない?どうしたの?
もっとこう「会いたかったー!黒ハートみたいなの、ないの?

Turkey.jpg

その後も感謝祭な料理を他の方々と頂くも、特にラブラブ感無しバッド(下向き矢印)
いつもみたいに、食事中チョッと手を繋いでたけど、それだけみたい?
いや勿論、皆いるし、仕事場だけど…。

口数もメチャ少なくないかい?たらーっ(汗)
食後やっと、彼と喫煙所(甲板?)に出て、チョッとだけキスした。
でも娘が「だめー!」って言うんだもん、あえなく二人離れる…。失恋

寂しい…。もうやだ〜(悲しい顔)
チョッと変。
ぎこちない。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


「今日わざわざ来てくれて、本当にありがとう。嬉しかったよ」
「私こそ、招待してくれて、本当にありがとう。会えて良かった」

でも何か、距離を感じちゃったんだよね…。バッド(下向き矢印)

もっともっと、色々話したかったのに。
もっともっと、身近に感じたかったのに。
時間にして、1時間チョッとだったけど、恐ろしく早かった…。バッド(下向き矢印)

久しぶりに見て、こんなんじゃないって、嫌気がさしたとか?ふらふら
時間と距離を置いて、改めて血迷ってたって、気づいちゃったとか?
好きな女の子が別に、出来ちゃったとか?

そう言えば、会えなくなる前に、あのアメリカ人の女の子が…。
→彼女についてはコチラ
彼にメチャメチャ、メール攻撃してきてたの。携帯電話
毎日何度も電話してくる始末…。

酷い時なんて、午前3時に電話してきた時もある!がく〜(落胆した顔)
「何してるの?」なんて言ってね!
って言うか、普通寝てるよ!むかっ(怒り)

「何で飲みに来てないのー?」とか、酔って話してるのが聞こえる。
「明日仕事だからね、僕はもう寝てるよ。また今度ね」人良過ぎな返事!
『友達以上だろう!そのメール数と、電話の数は!パンチって思ったね。

ま、でもよく電話を聞いてると、彼自身迷惑がってて、優しく相槌を打ちつつも、結構適当な返事を返してるのが、分かったのでヤキモチ焼かないようにしたけど…。
それでもあんまり、気分良く無かったよ!むかっ(怒り)

あーあ。バッド(下向き矢印)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


一応婚約者なのに、付き合い始めた頃と、全然思考が変わってません…。ふらふら
緊張感無くなっちゃう付き合いってのも嫌だけど、ずっと安心感無いのも怖いかもです。たらーっ(汗)

ま、でも心配だしドキドキだけど、この気持ちが新鮮だから、もっと楽しもうかな…。

(*´д`*)ハァハァ



posted by ヨピコ at 22:26| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

プロポーズ!

二日目の夜。夜
夕食はこれまた、素晴らしいものでした♪
専属の仲居さんが、お部屋に全て用意してくれました。

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

↓子供用の料理も豪勢です!ハートたち(複数ハート)
061021_1844_0002.jpg

こ、こんなに食べきれるのだろうか…。がく〜(落胆した顔)
と思いつつも、すっかりご機嫌で箸を進めます。
微笑みの君は、外国人にはチョッとドキドキの料理に、ひるまず挑戦。

やっぱり「もずく」や「ところてん」なんかはねー。たらーっ(汗)
さすがに食べれませんでしたね…。
「さざえ」なんかは、貝から引っ張り出すと、かなりグロテスクですが、頑張って食べていましたよ。わーい(嬉しい顔)

シジミ汁なんかも好きなので、貝類はどうやら得意みたいです。
そして彼にとっては、初の「しゃぶしゃぶ」!
私が「『しゃ〜ぶしゃぶ♪』ってやって、食べましょう」と言うと、本気にして「しゃ〜ぶしゃぶ♪」言って食べてました…。

(´∀`*)ウフフ

そして勿論、伊勢海老です!
これで9種類目の食べ方で、伊勢海老を堪能いたします!
美味しーい!

元旦那さんはアレルギーで、貝類や甲殻類が食べれませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
だから私も何となく遠慮しちゃって、あんまり食べてなかったんだよねー。
だから一緒に、貝や海老を堪能できるって、本当に嬉しいんだ!決定

ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ


さて全ての料理を堪能して、お腹一杯の私達。
娘は遊び疲れたのか、早めに寝てしまいました。眠い(睡眠)
実は夜11時半に、貸切露天風呂の予約が入れてあるんだ。いい気分(温泉)

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

だってこの旅行、ずっと子供と一緒だったんだもの、たまにはチョッと二人っきりになりたいじゃない?揺れるハート
シングルマザーには、ロマンチックな恋人同士だけのお出掛けや旅行なんて、なかなか許されませんからねー。ふらふら

《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜


すると微笑みの君が、スパークリングワインを持って来た。バー
「二人で貸切温泉に言ったら、これを開けて乾杯しよういい気分(温泉)
「え?温泉で飲むの?うーん…。どうだろうね、中で飲食平気かしら…」

「でもここで開けたら、多分○○(娘)を起こしちゃうよ?がく〜(落胆した顔)
「うーん…。そうだね、でも貸切温泉にはフロントで鍵を貰ったりするから、多分そのボトルやグラスを持って入れないと思うのあせあせ(飛び散る汗)。だからここで開けちゃっていいよ?」


微笑みの君は温泉で飲みたかったみたいだけど、考えた挙句にワインをベランダで開けて部屋で飲む事にしたの。

スポーン!どんっ(衝撃)
ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ


ご機嫌な音と共に、ワインが開いてグラスに注ぎます♪バー
乾杯してワインの炭酸を味わいながら飲む!
んー!美味しいねー!ハートたち(複数ハート)

微笑みの君が私の手を取る。ムード
そしてそれまでワインのコルクを押さえていた金の金具を、私の左手の薬指に差し込んだの!ぴかぴか(新しい)

「僕と結婚してくれますか?」

お?
おおおおおおお!グッド(上向き矢印)


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

うおおおおお!グッド(上向き矢印)
鼻血が出ちゃいまー!

|∀・)・・・・・ハッ!


で、でも、良いの?
こんなに簡単で?
本当に大丈夫なの?

物凄い不安が、体中に溢れた。たらーっ(汗)
元旦那さんの時も、こうやってプロポーズしてくれてた。
だけどあんなに突然に、結婚の破局が訪れた訳で…。

またあんな事が、あったら私、耐えられるかどうか分からないよぉ…。
って言うか、完全にトラウマになっている。もうやだ〜(悲しい顔)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


でもやっぱりいつも気に掛けてくれていて、今までの誰にも無い優しさで私を包んでくれ、いつも「愛してる」って言ってくれるのは、微笑みの君だけ。ムード
彼ほど私をいつも想ってくれている人と、今まで付き合った事など無い。


元旦那さんだって残念ながら、彼程では無かったもの。
いつも手を取ってくれる、微笑みの君。
いつも肩を抱いてくれる、微笑みの君。

いつもどれだけ私を想っているか伝えてくれる、微笑の君。
まだ出会ってから一年未満だけど、私の中では本当に大きな存在。
彼のいない日々を考える事なんて、難しいしあり得ない。


不安そうに私を見つめていた微笑の君に、正直に気持ちを伝える。
素直に「YES」って言えない私なんだもの…。バッド(下向き矢印)
一瞬、頭を抱えた微笑みの君。

だけど必死に私の話を聞いてくれる。
「僕は君と一生一緒にいたいんだ。君と残りの人生を過ごして生きたい。心の底から君を愛している。他の誰でも無いんだよ。僕の人生に君が欲しいんだ。だからどうか、YESと言って欲しい。そして僕と一緒にサンディエゴに、来て欲しいんだ」

一時間近く話し合ったと思う。
そして頑固で強情で素直じゃない私が、彼に聞いた。
「本当に私でいいの?じゃあ、私と結婚してくれるの?あせあせ(飛び散る汗)

「だから僕が聞いているんだよ。僕と結婚してくれますか?わーい(嬉しい顔)
「…うんあせあせ(飛び散る汗)
「え?うん?」

「うん」
決定
私ったら、恥ずかしくって恥ずかしくって、YESなんて言えなかった!ふらふら
日本語でボソっと、「うん」と頷くので精一杯だったんだもの。あせあせ(飛び散る汗)

カッコ悪くったって、それが精一杯だったの。
「本当?本当に本当なんだね?」
満面の笑みを浮かべて、微笑みの君が何度も確認してくる。

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

「うん」黒ハート
超喜んでいる彼の姿を見て、私も幸せを噛み締めた。グッド(上向き矢印)
ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

「ん〜!愛してる!」
力一杯、ギュウってして、愛を確かめる熱いキッ〜スキスマーク
と…。

プルルル〜!プルルル〜!電話

|∀・)・・・・・ ハッ?


ムード満点な所に、無常に部屋の電話が鳴り響く…。バッド(下向き矢印)
「…は、はい?」
「お時間より早めに貸切風呂が開きましたのでご連絡させて頂きました♪」


ま、そんなモンです。わーい(嬉しい顔)
まるでコメディーの様な、邪魔が入ったので、私達はボチボチ温泉に。
露天風呂な温泉では、外からの風がチョッピリ冷たかった。

でも熱い温泉に浸かったら、それが心地よい風に変わって、二人でのんびりゆっくりで、これぞ温泉って感じです!ハートたち(複数ハート)
「婚約指輪の事だけど…」

「ん?」

「実は前々から、君に合った婚約指輪をと思って、きちんとダイヤの指輪を選んで買ってあるんだ。だけど直接こっちに送って貰えないから、僕の以前から使っているアメリカの会社に受け取って貰って、その会社から僕の船のアドレスに送って貰う手筈だったんだ」

(≧∇≦)キャー♪

「…だけど何かトラブルがあって、指輪はもう送られているのに、その仲介の会社から僕の所に、未だ届かないんだよ…。それでずっと待っていたんだけど、どうしてもこの旅行までには、プロポーズしたくて…。もう待てなくなってたんだ。結局何とかして形になればと思って、ワインを選んだんだんだけど、本物じゃなくって本当にゴメン…たらーっ(汗)


「そうだったんだ…。全然気にしてないよ。それよりいつも私の事を考えてくれていて、本当にありがとう…揺れるハート


こうしてこの夜、微笑みの君にとって私は、ガールフレンドという立場から、一歩進んでフィアンセというポジションを手に入れました。ぴかぴか(新しい)

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!







posted by ヨピコ at 13:18| ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

誕生日の期待

<誕生日当日>


10月18日は私の誕生日でした。ぴかぴか(新しい)
これからどんどん年をとるのかと思うと、どうも最近喜べないですねぇ。
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

夕方仕事から微笑みの君が戻ってくると、「誕生日祝いに夜二人だけで出掛けようか?」とドキドキのデートのお誘い。ムード
早速、娘を夜間保育園に預け、横浜に出掛ける事になりました♪

来年の春に彼はアメリカに帰国します。飛行機
だから今日、この誕生日に何か、それに向けてのアクションがあるのでは?と以前からチョッとだけ期待していた私。

そうです!グッド(上向き矢印)
この私の誕生日に、もしやプロポーズしてくれるかも?揺れるハート
な〜んて、勝手にドキドキしちゃってる訳なんです!
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

すると彼が、赤・ピンク・白のラッピングが見え隠れする、バラの描かれた紙袋を私に渡してくれました。プレゼント
え?もう?早くも?
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!

以前にも書きましたが、誕生日プレゼントは本当はもう、貰っているんです。
それは、電動アシスト自転車だったんだけど…。
(/ω\) ハジカシー

それにしても紙袋が大きいなと思いながら、プレゼントを開けてみると…。
中には、以外や以外…。あせあせ(飛び散る汗)
DVDだけが…。

*o_ _)oバタッ


チラッとシーズンUを見たけど。
テンポが速く、超面白かったんだよねー!


過激だけど、チョッと気になる…。
レズビアンな世界…。へへへ。

「以前から見たいって言っていたよね?」わーい(嬉しい顔)
「う、うん。まぁ。あ、ありがとう…」

確かに見たかったドラマなので、セットで買って貰って嬉しいんだけど…。

でもチョッと期待していた物じゃなかったせいか…。バッド(下向き矢印)
がっかり感が、どうしても顔に出ちゃう…。もうやだ〜(悲しい顔)
ゴメンね、でもありがとう…。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


誕生日のディナーは、横浜ベイシェラトンホテル!ぴかぴか(新しい)

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

超超超おいしぃー!グッド(上向き矢印)

美味しい料理を堪能しながらも…。レストラン
彼が何か言ってくれるんじゃないかと、ドキドキして待ってみる!
タイミングを逃しちゃならないもーん!

すると彼が席を外している時に…。
近くに座っていた外国人グループの一人から声を掛けられた…。
何度か見られているなと思ったので、何となく予想はしてたけど…。たらーっ(汗)

どこの国の方だったのか…。ドコモ提供
ブラックで30代位の男性が、第二ヶ国語であったのだろう英語で…。
「英語話せますか?」

「え?まあ、多分…」
がく〜(落胆した顔)
突然だったので、チョッとビックリした私。
「料理がとっても美味しいですね。デザートはもう食べましたか?」

「これからです。でももうお腹がすでに一杯ですけどね」
「そうですか、私もです。彼はあなたの友達ですか?恋人ですか?」

えええ!?一体どんな話の展開だ?

キチンとした身なり、洗練された物腰…。かわいい
だけどこれは、ナンパか?がく〜(落胆した顔)
「はぁ…。まあ、そうですけど…」あせあせ(飛び散る汗)

展開が読めないので、どちらにも取れる返事をしておく。がく〜(落胆した顔)
すると彼が、もっと私の方に寄って来た…。どんっ(衝撃)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

その時、向こうから微笑みの君が、席に戻って来て…。
そのヨーロッパ人?らしき、ブラックの男性はすぐ気づき会話を止めて、彼の席に戻って行ったんだけど…。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

って、コレをどうフォローしろと?ふらふら
「え?何?」
「え?私も良く分からないんだけど…」


何があったのかを話す…。
「僕も何度も見られている気がしてたんだよね…。そうか、僕が居ない間に君をナンパしてたのか!」わーい(嬉しい顔)
「え?私をナンパ?いやいや、もしかしたら、以外にあなたもよ?」


と軽く流す。あせあせ(飛び散る汗)
その後私達は、それ以降もこちらを見ている彼に気を取られ、落ち着かないまま、ホテルを後にする事になった…。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

って、チョッと、何か忘れてない?バッド(下向き矢印)
予定ではプロポーズだったディナーだった訳で…。
「どこかロマンチックな所に行く?」

「君が行きたければ、どこにでも行くよ」わーい(嬉しい顔)

どうやら、別にプランもなさげな反応!
ウインドウショッピングで粘ったものの、明日仕事なので帰る事に…。

落胆…。バッド(下向き矢印)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

ディナーはとっても素晴らしくって、最高の誕生日だったけど…。ぴかぴか(新しい)
でもプロポーズを大期待しちゃってた私には、チョッと寂しい肩すかし…。
やっぱりプロポーズをする気、無いのかもしれないな…。

今後を含め、私達どうするのかと不安になるヨピコでした…。たらーっ(汗)
ショボーン…。
(ノ_・。)


posted by ヨピコ at 13:23| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

聞けない話

もう10月。
日本を離れるまで、半年を切ってる。ふらふら
荷物を整理しては、アメリカに持って行く物を、吟味したりしてる私。

「ねぇ、本当に本気で私と一緒に、アメリカに帰ろうとしてる?それとも帰国するまでは優しくしてて、帰国する時に『さようなら』しようと、考えちゃったりしてる?」

考えてみると、凄く失礼な質問だけど、私にとっちゃ大事な質問。手(グー)
同棲して相手が分かって、心変わりしちゃう事もあるかもだろうし。
だってそういう事って、よく聞く話だったりしない?

「そんな事ないよ。僕は君と一生一緒に過ごしたいって思ってるんだから。君を本気で愛してる。君こそ僕で大丈夫なの?」
「うん、まあ、だけど…。じゃあ、本気でアメリカに一緒に行くんだ…」


ぬーん…。バッド(下向き矢印)
実は今になって、彼に聞けない話がある。たらーっ(汗)
それは何と言っても、ビザの話なのよねぇ。

以前は頻繁に、結婚とかビザの話が出たんだけど…。ぴかぴか(新しい)
現在は、殆どそんな話は話さなくなってる。がく〜(落胆した顔)
一体全体、彼はどうする気なのか…。

微笑みの君と以前話したのは…。
@アメリカに滞在出来る、ビザの種類について
A結婚+結婚ビザ(とりあえずI1-30ビザ)手続きの大変さと手間

B友達が観光ビザで入国して、現地で結婚した後、日本に数年ビザ問題で帰国出来ず弁護士頼んだりして、大変だった話

なのに…。ふらふら
半年切ったのに…。

どうなのだ?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

数年前ネットで知り合った女性の話が、頭をチョッと過ぎったりする。
当時彼女は日本で、アメリカ人男性と結婚し、子供が2人いた。かわいい
数ヵ月後に彼と一緒に、アメリカに引っ越す予定だったの。

でも旦那さんが面倒臭がりで、なかなかI1-30ビザの手続きをしてくれないと、どうしようかと嘆いていたんだけど…。あせあせ(飛び散る汗)
そしてとうとう旦那さんが、アメリカに帰国する日がきちゃったの。

結局、彼は帰国。飛行機
彼女と子供達は、彼と手紙やメールで手続きする事になったの。
「それはまた…」と私も、そんな事が可能なのか不可能なのかも分からないけど、聞いていて大変な事になったと思っていたの。たらーっ(汗)

心配だったけどその彼女からは、プッツリ音沙汰が無くなったんだ。もうやだ〜(悲しい顔)
どうなったのかと思ってたトコへ、偶然遠い知り合いからの偶然の話で…。
彼女と旦那さん、結局離婚しちゃったんだって。がく〜(落胆した顔)

それも彼が帰国後、ほんの数ヶ月後の話。どんっ(衝撃)
私は彼女から切り出したんじゃないんだろうなって、何となく確信してた。
だって子供達もまだ小さかったしさ…。

となると、この旦那さんの計画的犯行だったのか?爆弾
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
うーむ…。

勿論、これは私の憶測でしか無い訳だけどね。
でも世の中、こう言う事は起こりうる訳です。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

私はよくネット上で目にする、一部日本人方々の言う『受身的考え方』肯定してる訳じゃないんだ。
ほら、よく目にする『お前達日本人女は、外国人男性達にオモチャにされている』的考え方なんだけど。

確かにそう言う事もあるかもだけど…。ふらふら
それはそれで、日本人同士でもありうる訳で…。
別に相手が外国人だからといって、私達が彼らより最初から劣ってるとか、下であると仮定した話は好きじゃない。

実際は男でも女でも、日本人でも外国人でも同様の事は起こってたりする。
だから微笑みの君だって、私がいきなり渡米の時期になって心変わりするのを、心配してたりする。

でもやっぱり、色々障害はある訳で。あせあせ(飛び散る汗)
私的には、過去がトラウマになってる訳で。
トントン拍子に幸せだと、後でどんでん返しがあるんじゃないかって…。

とにかく…。
で、私は『私のビザ、一体どうするのよ?』って聞けない訳。もうやだ〜(悲しい顔)
だって何だか『結婚するの?しないの?』って聞いてる様でしょ?

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

ね?聞けないじゃーん!あせあせ(飛び散る汗)
そんな、だって、正式にプロポーズだってされてないのに!
もしかしたら、このままずっと正式なプロポーズだって無いかもだし!がく〜(落胆した顔)

それなのに、それなのに、私からそんなプッシュ出来ないわよ!あせあせ(飛び散る汗)
「さあ時間が無いわ!さっさと結婚してビザの手続きしちゃいましょ!」
だなんて口が裂けても言えない訳よ!

だけど時間は、待ってなんてくれない…。時計
刻々と貴重な時間は失われていく訳で…。
そして彼が帰国して、私が渡米出来ないかも!?の危険は増すばかり。がく〜(落胆した顔)

「ねえ、一緒にアメリカに行くならね、私のビザってどうするの?」
と、それでも勇気を振り絞って聞いてみる。
「ん?だからアメリカ大使館一緒に行こうって言ったじゃない?」

「って言うか、アメリカ大使館に行っても、多分意味無いような…」
「ネットで調べたけど、あまり良く分からなかったんだよね…。だからアメリカ大使館に行こうって思ったけど、君が乗り気じゃないから…」


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
って言うか、私のせいか?
大丈夫かよ!オイ!もうやだ〜(悲しい顔)

なんかアメリカ大使館にわざわざ行っても、追い返されるようなするんですが…。たらーっ(汗)
だからと言って、彼にどんなビザを取る気なのか、とても聞けないし…。

・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・


実はもうすぐ私の誕生日です。バースデー
(げ!また年をとってしまう…たらーっ(汗)
でその日当たりに、プロポーズでもしてくれないかな…。かわいい
なんて…。

それでもって、もしかしたらもしかして、その週末にグアムに海外旅行に行くかもなので、その際に向こうで結婚して帰ってくる…。
なんて突拍子も無いストーリー考えちゃってます…。もうやだ〜(悲しい顔)

(;´∀`)・・・


それが一番、手っ取り早くて、時間が掛からないんだけどな…。揺れるハート
究極な私の奥の手なんですけどね…。
という訳で、聞けないけど私の野望は尽きない…。かわいい

( ゚Д゚) ムホー


posted by ヨピコ at 17:48| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ヤキモチ合戦

一緒に住み始めると、以前見なかったものが、目に入る事になる。目
それは持ち物だったり、写真だったり、相手の以前や趣味を知るきっかけだったりするよね。

これは彼の写真の中から。
勝手に使っちゃいます。

DSC00011.JPG

今回私は、写真を見つけた?カメラ
って言うより、彼のコンピューターを使っているので、何気に写真が見れちゃったりする。
ヽ(´▽`)/へへっ

隠してないものは、早速見ちゃうに決まっている。目
で写真のホルダーを開けちゃうと、出てくる出てくる、私と会う以前の彼のここ数年の写真が。

で、驚いたのは…。
色々な国で友達たちと、楽しそうに写ってる写真…。
って言うか、女の人多いね…。ふらふら

以前にも書きましたが、いかにも無害そうな微笑に、きっと皆ガードを緩めて寄って来るのでしょう。
ま、実は全然違うんですけどね。雷
彼、初体験は13歳ですからね、奥さん!(ボソ)

その中にどう見ても、これは元彼女だろ!って写真も発見!exclamation×2
面白〜い!!ハートたち(複数ハート)
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

「まぁひどいわむかっ(怒り)!このアジアン系の子は誰なの?軽くキスなんてしちゃってて!あらこっちは誰?この日本人の子が、元彼女なの!?何よ!肩に手なんて回しちゃって!私となんて、一枚だってこんな写真無いわパンチ!それにしてもひどい!今でも元彼女の写真なんかを、取っておくなんて!」

ぶほほほほほ!グッド(上向き矢印)
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

私結構、こう言うシチュエーションに酔うのが好き!揺れるハート
あううう!ジェラシィー!なんてね!
へへへへへ。

(*ノノ)キャ


ま、私も結構男の写真取ってあります派なので、全然平気ですけどね。
ぶふふ…。
(*´д`*)ハァハァ


ところで、昨夜は微笑みの君が頭痛で、夕方から寝込んでしまいました。
私は好きなテレビを堪能した後、そっとベットにもぐりこみました。
なかなか眠れない私は、娘の父親が出張から戻ったらしく、メールが来たので返事でも書く事にしたんです。mail to

日本に戻って来たいと言う、娘の父親。
だけど来年には多分、アメリカに引っ越しちゃう私達。飛行機
微笑みの君は、絶対現在の状況を話した方が良いと言う。

だからメールで、微笑みの君の事伝えてみた。あせあせ(飛び散る汗)
を切っちゃう気なら、伝えなくても良かったんだけど、一応今のところは、口だけでも前向きに養育費の事を考えていると言うので、養育費を貰う以上伝えるべきだとなったからなの。

それで何度かやり取りしてたんだけど…。
娘の父親は、かなり衝撃を受けているようだった…。たらーっ(汗)
そりゃあ、私達とまた家族をしようとしてたんだから、思いもよらなかっただろうけどさ。

それでもムシが良すぎるわよ!
「俺が悪かった、親子三人、やり直そう」だなんて!
出産直後の私だったら、涙モノで感動だったかもだけど、今更あり得ない。

だから相手がどんな奴かとかで、質問の嵐…。バッド(下向き矢印)
「ネイビーだって?やっぱり!絶対ボーイフレンドが出来たって聞いて、ネイビーだと思ったよ!確信してたね!」

Σ(゚Д゚;エーッ!
どういう意味よ!むかっ(怒り)むかっ(怒り)

ネイビーと付き合ったの二回目だし、前回のは元旦那で、あんたは知らないはずなのに、まるでネイビー・キラーみたいな言い方よしてよ!
それともネイビーとしか、付き合えないって意味で言ってるの?がく〜(落胆した顔)

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

一々、やっぱりムカつく奴だわ!ちっ(怒った顔)
でも養育費、養育費…って訳で、頑張ってメールを打ったの。

イヤダワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘Д‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!


「で、来年アメリカに行くって言うけど、つまりじゃあ、その男と結婚するって事なのか?」
そこら辺がねー…。

言葉を濁して返事する…。あせあせ(飛び散る汗)
「僕は知る権利がある。もしかしたら僕の娘の父親になるかもなんだからな」
権利は主張するが、義務は果たしてないけどね…。パンチ

とりあえず、アフリカの出張から戻ったって言うから、アフリカの写真でも送って貰おうと、写真を送れとメールを打つ。むかっ(怒り)
そして私と微笑みの君の関係について、メールを打ち始めると…。

突然、微笑みの君が抱きついてきた!かわいい
あら?何?どうしたの?発情か?頭痛なんじゃ?
「君の事は誰にも渡さないよ!」

ん?
寝ぼけてるのか?たらーっ(汗)
酔っちゃいないよね?

「何?どうしたの?」
すると今度は、背中を向けて寝てしまった。
拗ねてる?たらーっ(汗)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

その後、彼がいきなり階下に降りて行ってしまった。
なかなか戻らないので、気になって降りて行くと…。
タバコを吸っていた…。

「え?何?どうしたの?」
「ゴメンね、実はさっき目が覚めて目を開けたら、君が打ってるメールを見ちゃったって言うか、読めちゃったって言うか…あせあせ(飛び散る汗)。それで君が、誰か他の奴に写真を送ってって、頼んでるからさ…。その、ヤキモチって言うか…」

「ええ!違うよ!何言ってるの!メールの相手は、娘の父親だよ?」
「え?あ?…なんだ!そうか、良かったよ」


こうしてまだ彼の頭痛は治ってなかったけど、夕べの誤解は解けました。
そして今日朝早く、元気に起きた彼は、友達に誘われて東京ゲームショーに出掛けて行きました。ダッシュ(走り出すさま)

今頃は友達と別れて、叔父さんと一緒に男だけの食事会&飲み会とやらに、参加していることでしょう。
それにしても、ヤキモチってたまには良いエッセンスかもですね。黒ハート

≧∇≦ブハハハハハ
posted by ヨピコ at 16:14| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

疑心暗鬼

<ハリー第6話〜すれ違い編〜>

前回の話はこちら
ハリーとの出会いはこちら


ハリーはドイツ人かわいい
だから母国語ドイツ語
私がドイツ語が話せないので、私達はお互い第二ヶ国語の英語で話している訳。

彼はドイツの車会社のエンジニアバス
海外、勿論日本にも時々、出張して来てる程だから、英語は話せるんだけどね、それは技術系とか、ビジネス系に優れているみたいで…。
でもエンジニアですからね…。あせあせ(飛び散る汗)

だから意外な英単語を知らないんだよね…。がく〜(落胆した顔)
例えば、ラビットとかプリティとか…。
(゜ロ゜;)エェッ!?

一番困ったのが…。たらーっ(汗)
彼は英語で私にその日の予定を言ってきたの。
でもその文には、動詞が無い訳なのよ。あせあせ(飛び散る汗)

彼は急いでいて、全然気付かずそのまま行ってしまった。ダッシュ(走り出すさま)
私は仕方なく、その他の文から想像して行動を起こしたんだけど…。
結局は、全然違ってた訳。もうやだ〜(悲しい顔)

彼は言ったじゃないかって言うけど、私は聞いていない訳で…。耳
「だってあなたがどうしたいのか、言わなかったのよ?」
「いや、僕は君にチャンと言ったよ!」

てな、具合なのよね…。

言葉が通じないって、大変で困るのです。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


相変わらず、素敵なプールサイドでくつろいでいても、あのドイツ人横綱君とあのタイ人偽ガールフレンドは、ウザかった…。たらーっ(汗)
一々、私に自慢してくる…。ちっ(怒った顔)

私に言うなよ!話し掛けんなよ!
やっぱりライバル視してやがる!
ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

それがある日、とんでもない事に気付いた。
日に日に、日焼けしちゃってる私。
水着にパレオを羽織っていると、まるで…。

まるで…。
私って現地化してる?バッド(下向き矢印)
(≡д≡) ガーン

確かに私の顔って、日本人ぽく無いとよく言われる…。がく〜(落胆した顔)
そのせいか、絶対先祖に北欧かロシアがいるんではと、日本人だけでなく、外国人にも言われたりしてるんだよね…。
現地ではそれで、日焼けした私は、よくシンガポール系?に間違われた。

で、ふと思ったんだよね…。がく〜(落胆した顔)
私はドイツ人グループと一緒に行動してた訳よ?
であの横綱君にはタイ人偽ガールフレンド、ハリーには日焼けしてる私…。

皆私の事、彼女と同じ職業、偽ガールフレンドだと思っているのって!?
その考えが頭に浮かんでから、ショックで口数が減ってしまった…。バッド(下向き矢印)
それにお酒が入ると、皆ドイツ語が会話にかなり混じってくるし…。ふらふら

だから段々、何だか孤立って言うか、変な疑心暗鬼で頭が一杯に。もうやだ〜(悲しい顔)
ハリーも私の事、あの偽ガールフレンドみたいに思っているの?
すると段々に、彼と一緒にいるのが、苦しくなってしまったの。たらーっ(汗)

勿論そんな態度は、ハリーには全然無かったし、彼も私の思いを気付くそぶりも無かったんだけど…。ハートたち(複数ハート)
私は気分を変えるため、ドイツ人だけが参加するダイビング・ツアーに参加する事にしたんだ。船

それはハリーの提案だったの。ひらめき
私は全然ダイビングなんて出来ないんだけどね…。バッド(下向き矢印)
シュノーケールも大丈夫という事だったから…。

一泊二日の船旅に出る時に、驚いたのは…。リゾート
他のドイツ人夫婦や一人参加の横綱君が来るのに、ハリーが来ないって事!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「聞いてないよ!」
の私をよそに、ハリーは料金を払ってくれて…。
「気をつけて行っておいで。楽しんで来るんだよ!」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

そして私の疑心暗鬼は大きく育つ一方だったのです。ふらふら
ハリーは私を厄介払いしたかったの?
ハリーは誰か、他の女性と会ってたの?


リゾート 船 リゾート

船旅から戻った私は、彼に抱きしめられながらも、他の女の人の気配が無いか敏感になってた…。たらーっ(汗)
そんな私の気持ちは、優しかったハリーとの距離を広げていったんだ。


この一泊二日のダイビング・ツアーと、それにまつわる事件については、「ハリー外伝編」でお伝えします。


ぴかぴか(新しい)ブログランキングに参加中ですぅ!ぴかぴか(新しい)
チョピっといつもクリックありがとー!次項有次項有人気ブログ・ランキングへ!
posted by ヨピコ at 21:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

二文字の提案

先週末、微笑みの君は叔父さんを訪ねに茨城県に。車(セダン)
そこで私も娘と一緒に、実家に帰る事にしてみた。

wanokeshiki.jpg

彼は叔父さんと一緒に飲みに行く予定。
私は母の居ない実家の片付けや、家族に料理を作っておきたかったんだ。レストラン
ま、お互いそれなりに過ごした訳なんだけれど…。夜


問題は帰りの車の中…。車(セダン)
「実は日本での滞在を、少し延長する事も考えたんだけど…。先週家族と話をしてみて…。やっぱりどんな事をしても、来年春にアメリカに帰る事になったんだ…」どんっ(衝撃)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「ああ…。そうなんだ…」
最初から分かってた事だけど、正直やっぱりキツイ…。もうやだ〜(悲しい顔)
それから長い沈黙…。たらーっ(汗)


「先週決まってたんなら、もっと早く言ってくれればいいのに…」
「僕は結構、そう言ったヒントを君に与えていたつもりだったけどね…」たらーっ(汗)
「ハッキリ言ってくれないと駄目だよ…」あせあせ(飛び散る汗)


それからまたまた長い沈黙…。バッド(下向き矢印)
すると彼は彼の、未来についてのプランを話し始めた。
だけど私は何だか悲しくて、彼の顔をまともに見れなくなっちゃってる。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

「ヨピコ…。君は僕が何度も一緒にアメリカに来てくれって頼んでいるのだけれど、どうしてそこで悲しそうな顔をしているの?」
一瞬彼が私達の関係について、何も言わないので別れを切り出されたのかとも思った…。


でもまだ「一緒にアメリカに行こう」って言ってくれている事が分かって、とりあえずチョッとだけ嬉しかった。グッド(上向き矢印)
まアメリカに一緒に行きたいと言われて嬉しく思う事と、本当に一緒にアメリカに行こうと思う事は別問題だけどね…。

ajisai.JPG

アメリカか…。
今あるものを全て捨てて、アメリカに渡る勇気…。手(グー)
もし上手く行かなかったら?バッド(下向き矢印)

身内と言える身内が居ない、父親と弟を残して、アメリカに渡る勇気…。手(グー)
心配じゃないの?無責任とは言わないの?バッド(下向き矢印)

やっと手応えが出てきた仕事を投げ出すの?バッド(下向き矢印)
日本には、もう戻って来ないの?バッド(下向き矢印)
問題噴出。頭の中が既にパニック…。

ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/


すると…。
「僕は君と会う前の、メール交換の時から、君は特別だって感じてたんだ黒ハート。そして君に会ってそれが、間違いないって事を確信したんだよ?僕は以前僕の理想の女性が存在するのかどうか、そういった女性に出会う事があるのかどうか不思議に思った事があるんだ。でも君こそ僕が、理想として探していた女性なんだよ。今僕はいつも君と出会えた事、そして君と一緒にいられる事を、神様に感謝しているんだ。君はいつも僕がアメリカに帰ると言うと、僕と別れる事を考えるようだけど、僕は何処にいようと君と一生一緒にいる事を考えている。ヨピコ…、僕と一緒にアメリカに来て欲しい」飛行機

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

「えっと、その…。わ、分からない。分からないの…」もうやだ〜(悲しい顔)
だって本当にどうして良いのか、全然分からないんだもん!
娘の人生だって左右する話を、そう簡単に決める事なんて出来ないもん!


「ヨピコ…。君の気持ちは理解できる。でもどうか教えて欲しい。君が色々な問題は別にしても、僕と一緒にいたいって思ってくれてるかどうか。最終的な答えは勿論後でも良いんだ。ただ僕と一緒にアメリカに行っても良いと思ってくれているのかどうかだけでも、教えてくれないか?」

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


「もし君が一言でも、もし僕に今一言でも、君がどう思っているのか、一緒にアメリカに行っても良いと思っていると、言ってくれるなら、僕は君と結婚…」ぴかぴか(新しい)

wedding.JPG
んん?結婚?ぴかぴか(新しい)がく〜(落胆した顔)


うわ〜ん!ママー!


(((((゚∇゚;) ゲゲゲ???

今何だか調度良い時?に、娘が後部座席で泣き出した…。あせあせ(飛び散る汗)
(ドラマじゃないんだからさ…)もうやだ〜(悲しい顔)
娘の気を紛らわせた後、二人また無言になる…。
何だろう…。もう一度聞きたいんだけど…。ふらふら


その後、私がアメリカに行くかどうかではなく、色々な視点から二人の関係、二人の環境、未来について語り合った。
他にも遠距離恋愛の可能性だって話し合った。

「遠距離をしたとしたら、勿論僕は君をそれでも愛し続けるよ。でも遠距離恋愛って、最終的に落としドコロが無いんだよね。分かるかい?結局結末をつけられなくなるっていうか、結局どうしたいのか、分からなくなる状況に陥りやすい気がするんだ。最終的に続けたいなら、どちらかがどちらかに移動しなきゃならなくなるよね?」
納得かも…。

でも段々、二人の関係に対して不安諦め感が、溢れ出てきた。バッド(下向き矢印)

もう、駄目かも…。
(´;ェ;`)ウゥ・・・


「やっぱり今後の事を考えて…。友達になった方が良いのかな?」もうやだ〜(悲しい顔)
「ええ!何で?どうして?本気で言ってるのか?」がく〜(落胆した顔)
「…うん。私が居ない方が、向こうでスタート切り易いでしょ?私…」
「本気で言っていないよな?どんっ(衝撃)


微笑みの君は、怒っていた。むかっ(怒り)
そして同時に目にうっすらと、を浮かべていた。
私達二人は、また黙り込んだ。バッド(下向き矢印)
(´;ェ;`)ウゥ・・・


「なぜ君は僕達二人の将来の話になると、いつも最終的には別れるって事になっちゃうのかな?僕は二人が一生一緒にいれると信じているし、そうずっと予感していたんだよ?僕は君を深く愛している。決して別れるなんて考えられない。どうか別れるなんて口にしないで欲しい…」


「ゴメンネ…。私まだ、離婚の痛手を乗り越えて、いないのかもしれない。今まで過去3度も、結婚を考えたり幸せを噛み締めると、信じられないような事が起こって、毎回上手くいかなくなってしまったから…失恋
だからこんなにあなたに愛されて、幸せ過ぎる位だからこそ、これ以上望んではいけない様な気がしてしまうの。だってこれ以上望んだら、また信じられない様な事が起こるんじゃないかって、怖くて怖くて…。だからこそ恐ろしくて、普通に幸せさえも願えないの…」


「君の恐怖心はとても分かる…。でも今一度勇気を出して賭けてみて欲しい。僕を信じて欲しい。僕は君と君の娘を幸せを真剣に考えている。僕と将来について話してみようよ。君を大切にする。本当に愛しているんだ。そう言えば、僕達は子供について話していなかったよね?君は僕と結婚して、二人目の子供について考えた事はある?」揺れるハート



私は泣いてしまった…。もうやだ〜(悲しい顔)
どうして良いのか、全然分からなかった。
ただただ、彼の愛と優しさに、嬉しくて涙が溢れてきた。ぴかぴか(新しい)

だけどやっぱり、答えは出せずないまま…。
未来は何も見えないまま…。
(ρωT)ウェェ...



ぴかぴか(新しい)ブログランキングに参加中ですぅ!ぴかぴか(新しい)
チョピっといつもクリックありがとー!次項有次項有人気ブログ・ランキングへ!

posted by ヨピコ at 21:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

格安航空券の行方

会いたい!

もうずっと会ってないんだもん!もうやだ〜(悲しい顔)
離れ離れなんて耐えられないんだもん!
( p_q)エ-ン

元旦那さんの時には、2,3ヶ月だったら何とか平気だったのに…。ー(長音記号2)
メールだって1,2日に1回でも全然余裕だったのに…。
付き合い始めた頃さえ、そんなでもなかったのに…。

微笑みの君とは、会えないのが1ヶ月でさえ辛すぎる…。もうやだ〜(悲しい顔)
メールだって1日に、3回は最低でも来ないと苦しすぎる…。
付き合い始めたばかりなのに、こんなに想い過ぎです…。

(ノ_・。)
会いたいんですが…?揺れるハート

でも贅沢言っちゃいけないんだよね…。
メールが無かった時代を思えばさ…。
手書きですよ!待つんですよ!チケット
耐えられません…。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

どうにか会いたい…。ムード
前回彼が日本のとある港寄港した際は、新幹線等駆使してウチまで来た。

そこで…。ひらめき
微笑みの君が香港寄港した際の事。
ネットで格安チケットを探してみた…。

すると!
何と2万円前後で行けたではないか!飛行機
ショックで呆然とする…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

現在彼は、とある南の島のビーチでのんびりしている…。リゾート
(って言うか、仕事してる?それって観光ツアーじゃん)がく〜(落胆した顔)
そこへの格安チケットを探してみる…。

な、何と!
2万円と少しで行けるではないか!飛行機
オフ・シーズン万歳!マンセー!
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

だけど…。
私にはがいたのだ!ぴかぴか(新しい)
つまーり!飛行機運賃は2倍ですよ!
結局、彼を追い掛け南国くんだりまで出向くと、諸経費合わせて6万円強
海外って以外に行き着くまで、想像より成田関係等諸経費多いでしょ?)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

4月にアメリカに行き、お買い物予定を立ててる私にはキツイか?
4月中殆ど働けない訳だし…?
何てったって、シングルの家庭ですから…。バッド(下向き矢印)

むーん。悩む…。たらーっ(汗)
こんな情熱に駆られて、衝動的行動しちゃうには…。
やっぱ子連れじゃ、瞬発力にもが出ますな…。

やっぱ会えないんじゃん!失恋
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

イヤ!
そこでヘコたれちゃ、私のがすたるわ!パンチ
(どんな名だよ!)
で、格安航空券扱う旅行会社に片っ端から問い合わせ始めた!電話

そうよ!
それでこそなのよー!ぴかぴか(新しい)
行っちゃうもんねー!追っかけちゃうもんねー!揺れるハート
(≧∇≦)キャー♪

で、発覚!がく〜(落胆した顔)
ナゼか行きの便に空席があっても、帰りの便は満席状態…。
♪行きは良い良い帰りは怖い〜 怖いながらも通りゃんせ〜通りゃんせ〜

って、オイ!あせあせ(飛び散る汗)
帰って来れないから!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

駄目じゃん…。バッド(下向き矢印)
会えないじゃん…。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

一日だけチョッと日付をずらすと、取れそうってチケットがあったんだけど、それって娘を置いて行くって事になっちゃう…。ふらふら
でも母親が亡くなった今、父親だけに5日も預けられない…。
それにそれは上手く言えないけど、私のポリシーに反する行いだもの。ぴかぴか(新しい)

「でね、チケット買えなかったの。席が無かったの」もうやだ〜(悲しい顔)
「そうか…。会えたら良いなって思ってたけど、それだったら仕方ないね」
宿泊するホテルまで検索して、ベビーシッター付の所まで見つけたのに!
(でもチョッとだけ夜遊びはしたかったらしい…)無料

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

「あ、でも今度○○にも寄港するよ。そこだったらどうかな?」リゾート
「ええ!○○にも行くの?観光ばっかみたいなんですけど…」
「そうだね。色々行けて楽しいよね」
そんなんなら、私も船乗りになりてーだよ!船

で早速検索開始!iモード
何と!これまた2万円台でありますよ!奥さん!
今度こそ、追っかけちゃうんだから!揺れるハート
っと気合を入れた時…。

カレンダーを見て思った…。
「んん?もうチョッとだけ我慢すれば、あなた帰ってくるじゃん?」
「ん?そうだね、2週間弱だね…」たらーっ(汗)

その2週間我慢出来ずに6,7万使っちゃう?
それも滞在予定は3,4日ですよ?
苦渋の選択である…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

私にも良心があるので(?)さすがに微笑みの君に4月のアメリカ行きのチケットを買って貰った挙句、このチケットまで買ってくれなんて言えません…。もうやだ〜(悲しい顔)
でも彼は私が向こうに行ったら、ホテル滞在費や食費等は出してくれると言ってます…。

うーん。たらーっ(汗)
やっぱり衝動に駆られて行動するのは良くないかな…。
多分一人だったら、今回の南国も○○もどっちにも行ったと思う。
でも、やっぱり今の私は、娘と二人で一人だから…。わーい(嬉しい顔)

情熱に任せて散財するのは、止めることにします…。もうやだ〜(悲しい顔)
アメリカ行きもあるしね。
本能に従うか…。
脳みそはまだあったみたい。

あああああ。
計画失敗…。バッド(下向き矢印)
会いたいのにな…。揺れるハート
今夜も寂しくベットに入る私でした…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



<微笑みの君の日本の危険な歩き方@>


微笑みの君は、前回室蘭に寄港しました。船
札幌では丁度、雪祭りが開催中でした。雪
早速、友達と一緒に電車札幌に向かいました。

電車で室蘭〜札幌までは約2時間電車
寒い中、雪祭りを楽しみます…。
が、あまりにも寒く、食事をする事に。レストラン
そして勿論、その後は皆で楽しくお酒を片手にカラオケ…。カラオケ

宴もたけなわでしたが、そろそろ帰る時間…。end
寒い中、に行ってみると…。
もう、駅は完全に閉まっていました。がく〜(落胆した顔)
終電は9時34分。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

もう既に11時です…。
その日は絶対に戻らねばならなかった為、仕方なくタクシーを拾うことに…。
英語が通じないタクシー運転手に、驚く程分からない日本語で行き先を告げる。
「むごろ、むおるぐあん、オネガイシマス」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ワカンネー…。

私は最初全然分からなかったけど、運転手さんはどうやら分かったみたい…。たらーっ(汗)
それって本当に凄いけどね…。
それからが、長い道のりだった!

運転手さんもが良く分からないとか行っちゃってるし…。車(セダン)
大丈夫かどうか不安になっちゃって、携帯でずっと彼と話してたの。
高速道路等使ったんだけど、結局着いたのは午前2時前後だったと思う。あせあせ(飛び散る汗)

私も眠くなってきて、朦朧としてたもの。眠い(睡眠)
で、詳しい金額は聞かなかったけど…。
確か料金は5万円は軽く越したって言ってた…。バッド(下向き矢印)

5万円あったら海外行けますが…?飛行機
って言うか、私が北海道行けましたけど…?

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

教訓;地方都市では、電車の終電は確認してから遊びましょう…。
   (タクシーはお高くつきます)


かわいいブログランキングに参加してみましたかわいい
クリック・ぷりーず!!次項有人気ブログ検索 - ブログフリーク





 





posted by ヨピコ at 01:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

トラウマの逆襲

と、いう訳で…。

私のトラウマについてはこちら
私がなぜパニクってるかはこちら


その日は仕事の合間中、メールチェックばかりしていた。mail to
だけど全然メールは来ない…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

友達にメールで心の助けを求める。ダッシュ(走り出すさま)
「電話にも出ないし、メールも返信ないの!」
「大丈夫でしょ。また忙しいとかだよ。…少し待った方がいいと思うよ」

ううう…。
待てないだよ…。バッド(下向き矢印)
(ρωT)ウェェ...

(゜0゜)ハッ

そこへメールが来た!
微笑みの君からですぅ!
…o(;-_-;)oドキドキ♪

「hi, baby! 今ホテルに居るよ。携帯でここから日本に電話の掛け方が分からないんだけど…。たらーっ(汗) いつでもいいから君から電話を掛けて。君の声が聞きたい!わーい(嬉しい顔) いや、それにしても昨日は、友達たちと沢山飲んでしまってビール、どうやってホテルに戻ってきたのかも覚えてないんだよ!…I love you lots!」揺れるハート

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

…って!
飲んでたのかよ!たらーっ(汗)
それも泥酔状態かよ!
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

嫌だもーん。
返事が無いのは許せないもん…。たらーっ(汗)
って言うか、私の早とちりですか?がく〜(落胆した顔)
一人相撲

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

ま、そうとも言います…。
でもやっぱり過去のトラウマがあったんだもん。失恋
時期も状況もピッタリだったんだもん。
とってもとっても怖かったんだもん。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

でも良かったよー。ぴかぴか(新しい)
どれだけ彼を好きか身に沁みて分かったです。黒ハート
本当にこんなに好きになっちゃってどうしようです…。

かなりパニクって、別れる事を想定して書いたメールを送った事を後悔すると同時に、急いで彼に電話をして言い訳する事にした。電話
(*ノノ)キャ

「去年と同じ時期だし、状況もかなり似てたんだもの。だから頭や心より先に、反応しちゃってパニックになっちゃったの。だって元旦那さんが2日間で私との離婚を決めたのよ?だからあなたが2時間で私と別れようと思う事だってあり得た訳なのよ?」

「僕は全然君と別れる気なんてなかったよ…?」
「そうは言ってもさ、人生何が起こるか分からないじゃない?この電話を切った後にあなたが運命の女性と、出会っちゃう可能性だってあるのよ?」もうやだ〜(悲しい顔)

結局1時間以上国際電話で話してしまった…。バッド(下向き矢印)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!


翌日あのパニックメールを読んだ彼からのメール。mail to
「君を怖がらせてしまったみたいでゴメンネ。どうか心配しないで。僕は君を愛してるし、君を永遠に失いたくないんだ。でもこの事で君がどれ程、僕を愛してくれているのか、分かったからか気分がイイよ! I think I love you too much. Did you cast a spell on me?」ぴかぴか(新しい)

恥ずかしい…。
取り乱すんじゃなかったわ…。
その後電話で話した後も笑われたし…。たらーっ(汗)
(/・ω・\)

穴があったら入りたい気分とはこの事かもしれない…。足
トラウマなんてどっか行っちゃえー!
まだまだ恋愛恐怖症なのかもです。失恋
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
posted by ヨピコ at 02:52| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

音信不通

微笑みの君が、香港に到着する前夜の事。夜
普段は2〜5通、毎日メールしあってる私達。
その夜、微笑みの君にメールをタイプしていると…。mail to
彼からメールが届いたの。

「もうベットに入って寝てたんだけど、君の事が頭から離れないんだ…。how much i miss you... だから君にオヤスミを言おうと、着替えてオフィスまで来てみたよ…」揺れるハート

...I have been truly romantically in love. My heart aches for you as does my body. My day seems incomplete until I tell you that I love you. The world doesn't seem as bright until I look upon your face...

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

で、丁度色々話す事もあったものだから「さっき書き忘れちゃった!」とか何とか、いつの間にか3通も結局送ったの。
実は21歳の事を相談してみたの。たらーっ(汗)
彼の態度が友達の範囲内なのか、そうでないのかについて。

次の日も毎朝「おはよう」メールを交換してるので勿論書いたのよ。晴れ
でも仕事が終わってメールを見ても、彼から返事がなかった…。
別のパソコン・メルアドをチェックしても返事がなかった…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

怒ったのかな?あせあせ(飛び散る汗)
21歳との事、怒ったのかな?
「怒ってるの?」とメールしてみる。ふらふら
返事が返ってこない…。

彼の携帯電話をしてみた。携帯電話
プルルル〜プルルル〜…
電話に出ない…。たらーっ(汗)

一時間程経ってから、また電話してみた。携帯電話
プルルル〜プルルル〜
って…。
また電話に出ませんが!がく〜(落胆した顔)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

コレってば、以前にもあった様なオチじゃないでしょうね…?
ショックで言葉を失った…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

もっと掛けてみようかとも思ったけど、しつこいと思われたくないし…。ふらふら
それよりもしも、女の人と一緒で私の電話がウザいって思われたら?
もしも夜遅いし、女の人とベットの中にいたりしたら?
イヤ〜!知りたくなーい!がく〜(落胆した顔)

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


そう言えば去年の今頃…。ひらめき
元旦那さんが香港で、運命を変える出会いをしてたような…。
その時も電話で連絡無くて、メールも全然来なかった…。もうやだ〜(悲しい顔)

と、突然またどういう訳か、体が震え始めた。
そして恐怖でガクガク、冷や汗まで出てきた…。
いや、もう鬱病、発病する気ないからねー!
がく〜(落胆した顔)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

何だか分からないけど、が出てきて止まらなくなった。もうやだ〜(悲しい顔)
衝動?パニック?
そうなると、もう止まらない…。

必死で別れた時の事をシュミレーションして緩和剤を作り始める。あせあせ(飛び散る汗)
大丈夫、大丈夫、私は彼と別れてもやっていけるの。
そうさ、やっていけるさ!平気さ!

でも…。失恋
人生寂しいよね?
折角バラ色だったのに。
毎日バラ色だったのに。

彼を失うなんて耐えられなーい!!!もうやだ〜(悲しい顔)
だって本当に素敵な人なんだもーん!!!
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

メールを書いた。
「もし別れたいのなら、絶対無視したりしないで欲しいの。言って貰えれば、辛いけど悲しいけれど理解するから。だから例え"BYE"だけでもメールを返信して欲しいの、お願い」もうやだ〜(悲しい顔)

私壊れた?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そして泣きながら寝た。もうやだ〜(悲しい顔)
何度も起きて、彼からメールが来てないか確かめた。
でもやっぱりメールは来なかった…。バッド(下向き矢印)

その日の朝、私は最悪の顔最悪の気分だった。失恋
足元が底なし沼のように、ズブズブ沈む中、仕事に向かった…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
posted by ヨピコ at 20:59| ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

浮気境界線

浮気浮気でない境界線って何処だろ?ー(長音記号1)
普通、何処から何処までが浮気でないんだろう…。
私は心配になって微笑みの君と話し合ったの。

「あなたにとって何処からが浮気?私は別にストリップクラブ程度は全然平気かな。あとそうね、多分感情無しならキス(日本で言うフレンチキス)も大丈夫かも。でもキス(ディープキス)以上はやっぱりちょっと許せないかも!」わーい(嬉しい顔)

すると微笑みの君はとっても驚いた顔をしてる…。がく〜(落胆した顔)
「ええ!?」それはあなたに厳しいの?駄目なの?
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「本気で言ってる?僕は絶対君以外の子とのキスなんて考えられないよ?君は僕以外の奴とのキスが考えられるの?だってキスは浮気でしょ?」キスマーク
「ええー?」あせあせ(飛び散る汗)
(って、反対かよ!)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

キスは浮気か?キスマーク
だって軽いキスだよ?
それって浮気なのか?
(何言い訳してるんだ?)がく〜(落胆した顔)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「えっと、それはやっぱり気持ちが入ってたら、私だってあなたが他の女の子とキスするなんて、絶対嫌だかもしれないよ?!でも飲んで騒いでだ勢いで、チョッとしちゃう位なら別に怒らないかも…?」あせあせ(飛び散る汗)

「ええ!?いいの?」がく〜(落胆した顔)
「も、勿論その子に対して気持ちがあったりしたら絶対絶対嫌…」
「じゃ気持ちが無かったらいいの?」がく〜(落胆した顔)
「うん…。別に何とも想ってないなら…」
「…」

( ▽|||)サー…?

「か、軽いキス位浮気じゃないってば。別に私は平気かな…」あせあせ(飛び散る汗)
「僕は許さないよ…」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


<二人の浮気境界線の違い>


感情の無い軽いキス 
 デイープキス

微笑みの君
友達とお出掛け
  男性とお出掛け


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


「何かそのライン曖昧じゃない?」たらーっ(汗)
「曖昧じゃないよ。簡単だよ。男友達となら出掛けても飲みに行っても良いんだ。でも異性としてなら会うのは浮気だよ。電話だって勿論浮気さ」手(チョキ)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「ええ?全然そのライン見え難くて判り辛いんですが?」たらーっ(汗)
「僕は友達以外の女の子と会わないし勿論キスもしない。だから君も誰か友達以外の奴と会ったり、ましてキスなんてしないようにした方が良いね!僕は浮気したら別れるからさ!ははは!」わーい(嬉しい顔)

(ソコ笑うとこか?)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

なんと言う!
じゃ、異性同士の友達のラインって何処なのだー!?目
こっちが友達って思っても、そうじゃない場合だってあるし!
そもそも友達から発展しちゃう場合だってあるでしょお?
(*ノノ)キャ

マジ考えれば考える程難しいラインですが…?バッド(下向き矢印)
私がもし誰にだって挨拶でキスしちゃうお国柄だったらどうしちゃったのさー?
って言うか彼のライン、メチャ厳しくない?ふらふら

それとも私が放任主義過ぎ無料
一応としては、彼は安心タイプと言えるのかな?
でも私にとっては、結構厳しいラインと言えない?
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

別に私、誰か他の人キスしたい訳じゃないの。あせあせ(飛び散る汗)
ただ誰かと会ってそれが誤解されたら?別れる事になったら?
チョッと気軽に飲みに行けなくない?バー
どうなの?

「Baby、君は誰とだって飲みに行って良いんだよ?ビール 僕はね君は君で自由な時間を、楽しんでくれれば良いと思ってるんだ。大丈夫、君を信用してるから。あまり深く考えないで」
「ふーん…」

だけどもヨピコは深く考えちゃうのであった…。たらーっ(汗)
(・_・。))マイッタナァ
posted by ヨピコ at 00:36| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

思わぬ大作戦

微笑みの君が仕事で出航てしまってから早4日…。船
しかし私には既に一ヶ月位経っちゃった程の辛さ
こんなんであと数ヶ月も我慢出来るのかな?たらーっ(汗)
狂っちゃうかもよ?
(-_-)ウーム

会いたい。
会いたい。
会いたい。


彼が出発するギリギリまで一緒に居たのに。ムード
出発前日は彼がDutyで会えないハズだった。
だけど彼が「家に帰れるようになった。一緒に過ごしたい」って。
勿論私ったらプライドも何も無く二度返事で泊まりに行ったのに…。

そこまでしたのに…。
だけどもう禁断症状…。たらーっ(汗)
(つд⊂)エーン

数日前日本のとある南の港に着いたらしく、早速私に電話をくれた。携帯電話
それは火に油を注ぐ様なモノと言うか…。
寝た子を起こすと言うか…。
焼け石に水と言うか…。

折角諦めて我慢しようとしてるのに、その中途半端な「声は聞けるが会えはしない」と言う中途半端な状態が、益々辛さに拍車を掛ける…。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

「今度近いうちに僕達は、○○に行くんだよ」船
(停泊地は現段階でお伝え出来ないの)
「へえ。結構近いかも…。頑張って会いに行っちゃいたいよ…」
「え?近いの?どの位近いの?」

「多分新幹線に乗ったりして○時間程かな」新幹線
「え?本当?じゃ僕がそっちに行くから!」
(゜ロ゜;)エェッ!?

「ほ、本当?」ぴかぴか(新しい)
「うん。君に会いたいもの。自分へのご褒美!君に会えて一緒に居れるなら、どこまでも行くつもりだよ」揺れるハート

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

早速、時間と電車賃を調べて電話で報告する。携帯電話
「ワオ!思ったより全然近いし安いね!」
「そう?良かったー!」

と言う訳で、彼が今度こっちに戻ってくるかもです…。
勿論一応、上司に港を離れるので許可を取るらしいです。
個人的に凄い挑戦だと思うので、許可されない可能性ですが…。

大丈夫なのかな…。
来れるのかな…。
会えるのかな…。

ε-(ーдー)ハァ

今までは会えないなら会えないで、自分の溢れる気持ちをダムの様にせき止めブロックし、他の事に熱中して会えない辛さを、心の奥に閉じ込め忘れていられたけど…。

この切なさは本当に久しぶり…!グッド(上向き矢印)
会いたくて、苦しくて、切なくて!
胸が張り裂けそう…!
揺れるハート
(*/∇\*)キャ


以前癒しの君に「ハニー」と呼ばれウキウキしてた私。黒ハート
微笑みの君はそんな言葉に弱い私を知ってか知らずか…。
「ベイビー」「ハニー」「スィートハート」と色々呼び掛けてくる…。

あああううう…!
鼻血出まくり…。
既にもうメロメロでしゅ…。

何をしても彼の事ばっかり考えている能力激低下中の私。
日に4,5度掛かってくる電話を禁断症状で待つ私。
あああああ。

こんなにホレちゃまずいでしょ?ふらふら
こんなんじゃ完全敗北でしょ?


(´。`)はぁ・・・
posted by ヨピコ at 19:05| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ラヴ

夕方、薄暗くなった部屋でくつろいでいた時の事。家
私が微笑みの君に膝枕しながら、二人で話してたの。
すると口数の少なくなってた微笑の君が一言…。

「Yopico, I'm in love with you...揺れるハート
(*゜ロ゜)ハッ!!

突然の告白
顔が真っ赤になっちゃうでしょ!?
でも何て答えて良いのか分からなかったの…。バッド(下向き矢印)
だから彼を抱きしめる事しか出来なかった…。

"Love"って言葉…。
けして簡単じゃない言葉…。
普通はそんなに、簡単に言ったりしない言葉…。

同じ離婚を経験してる二人。
だからけして彼は、ノリでその言葉を言ったりしたりしない。
じゃ私は、彼を彼との関係をどう思っているの?ムード
その時、私の中に答えは見つからなかった…。

その夜何事も無かった様に二人で保育園に娘を迎えに行き、私が夕食でパスタを作って皆で食べ、DVD「トゥルーコーリング」を見たりしていた。
何でもない普通の事が本当に幸せに感じる…。黒ハート
彼と一緒にいるのが本当に楽しいの。

そして二人がまたちょっとだけ仲良しになった時…。夜
微笑みの君が私を抱きしめながらまた一言…。
「I love you...」

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

|∀・)・・・・・

Σ(゜m゜=)ハッ!!

って言うか、私はよ?!あせあせ(飛び散る汗)
私は彼の事どう思ってるの?
だってだって私…。
取って付けたかの様に「I love you too」なんて言えないもん。

「あー、あう…、あの私…」
「Baby、無理しなくてもいいんだよ…。その言葉を君が簡単に言えない事位、良く分かっているつもりだから。僕はただ今僕が君をどう思っているか伝えたかっただけなんだ」

ううう…。
あなたイイ人ですか…?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

彼が私を見つめて、優しくキスしてくれる…。
そして、罪悪感満潮右斜め上
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


初めての「I love you」の夜以降、彼からその魔法の言葉を度々囁かれる。耳
微笑みの君の言葉はとても優しく、聞く度に胸が高鳴る程…。

が、その度の私のリアクション。もうやだ〜(悲しい顔)
@笑ってごまかす
A彼に微笑む
B彼を抱きしめる
C彼の頬に軽いキスをする


最低…?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そして彼と彼の友達と横須賀で、飲みに行きカラオケした夜。カラオケ
微笑みの君は相変わらず、恋の歌をメチャメチャを見て歌ってくる。
もしもし?あなたの友達とかいるんですけど?
ま、飲み放題コースだった為、皆酔っ払いモードでしたけどね…。ビール

微笑みの君も段々酔ってきて、私のに座るといきなり語り始めた。いす
「僕は離婚してからというもの、誰ともに落ちたりするつもりは無かった。誰とも付き合うつもりも無かった。でも君と会って全て変わってしまったんだ。君は多分僕が、どれだけ君をケアしてるか、どれだけ君を愛してるか分からないと思う。だから僕はそれを毎回伝えていく。今君が僕を愛していないのは分かる。だけどきっと振り向かせて見せるから…」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

「ちょ、ちょっと待ってよ。振り向くも何も私達付き合ってるでしょ?あなたは私にとって特別な存在だよ」
「だけど僕をまだ愛していないだろう?別にいいんだ、僕は近いうちに君のを手に入れるからね」

「よ、酔ってるでしょー!」
「酔ってないよ。それより僕は君に愛される可能性はあると思う?」
「そ、それは…。勿論…まあ…多分…」
(しどろもどろかよ!)

微笑みの君って落ち着いてるし、けして熱くならない様な優しいおっとりタイプかと思ったら、結構積極的情熱的な面もあるんだって分かったかも…。

って言うか、ずっと最初の時から考えてた。たらーっ(汗)
私が微笑みの君をどう思っているのかって事。
…本当はかなり、メチャメチャ超が付く程好き。

でもこれは所謂「LOVE」ですか?
本当は怖いんです。
ここで「LOVE」を使ったら気持ちに歯止めが利かなくなりそうで…。
また傷つくんじゃないかって…。

だから彼にその言葉を伝えられずにいたの。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


カラオケの後、夜間保育園に二人で娘を迎えに行った。ビル
途中街角で、微笑みの君が急に立ち止まり私を抱きしめた。
「Ah, Honey, I love you... I love you sooo much...」

か、かわいい…。揺れるハート
デレデレ ヾ(´▽`*;)ゝ"
で、必死にどれだけ私を好きか伝えてくる彼に押されて…。
「I love you too...」

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

言っちゃいました…。
「ほ、本当?本当に僕の事愛してる?」揺れるハート
「…う、うん」
その夜、横須賀の街を飛び跳ねていたのは微笑みの君です…。ー(長音記号2)


そして最近、彼が私に言ってきた。
「またサンディエゴに帰る時の為に、少し出費を抑えようと思うんだ」
また彼と離れ離れになるのかと、ショックで返事のトーンが低くなった。

「そ、そう、また帰るの?いつ?」
「まだ決めてないけど…。次は君と君の娘を一緒に連れて行きたいんだけど?駄目かな?一緒に来てくれる?」

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

うそうそうそぉ!
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

ま、マジっすか?
凄い嬉しくて、すぐに了解の返事をしたけど…。
したけど…。

私の体に恐怖の予兆の様なものが駆け巡る。がく〜(落胆した顔)
こんなに順調で良いの?
展開が早過ぎでないの?

こ、怖い…。

あああ…。
どうか、どうか、この愛が偽物でありませんように。
どうか、どうか、この愛が急激に冷めませんように。
ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/
posted by ヨピコ at 12:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

優しさ

娘を預けている夜間保育園
終了時間早朝6時…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

早過ぎです…。たらーっ(汗)
微笑みの君の家に泊まる事になった私は、早朝5時目覚ましをセットしまし、タクシー会社電話番号をタウンページで調べていた…。

「何してるの?」と微笑みの君。
「タクシー会社の電話番号を調べているの」本
「ふーん…。じゃ僕が朝、車で送るって言うのはどう?」
「ええ!本当?!」グッド(上向き矢印)
「うん、本当」
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

彼は前日の朝からその日の夕方まで働きっぱなしだったの。
その時既に夜の2時だったから、朝5時に起きるのって正直大変だったと思うの。ふらふら
簡単に「じゃ気をつけてね」って言っちゃえば良い事なのに…。

本当にいい人だと思います。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


その日私達は私の家でユックリした後、お約束の野毛山動物園に行きました。
(またかよ!お約束だな!)
そしてその夜も一緒に過ごし彼は帰っていきました。ムード
二日目の夜は彼も疲れが出て、夕方5時位からズッと寝てましたけどね…。眠い(睡眠)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

彼が帰った日は、彼がアメリカに発つ日でした。飛行機
これから来年の一月十日まで戻ってきません…。
非常に辛い…。もうやだ〜(悲しい顔)

成田空港から出発前のメール。
「本当不思議なんだよ!僕は別に君に会うまでガールフレンドは欲しくなかったんだ。I just clicked with you. It feels right」

"Clicked with you" だって〜!
それって以前、松田聖子がビビッときたって言ってたあの表現な訳でしょー!?
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

私が返事すると…。
「じゃ僕達はお互いパーフェクトだね!Awesome! I need to learn more japanese so i can talk to your daughter 」
私の娘と話すために日本語を学ぶと〜?
?(゜_。)?(。_゜)?

ま、でも家族ぐるみで付き合ってくれるって事でしょ?揺れるハート
つまり子供がいるって事がネックに全然ならないって事な訳よ!
非常に嬉しい事であります。わーい(嬉しい顔)


ま、今後は彼との恋愛も含め、私のお馬鹿話も書いていきます。
今後も宜しくお願い致しますねー。
《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜

posted by ヨピコ at 12:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

他の女

アメリカに発つ前微笑みの君は、私の実家地域に住む彼の叔父を訪ねる予定でした。
が彼が予定をキャンセルし、急遽アメリカに発つ前に会える事になりました。ハートたち(複数ハート)

シャワーを浴びて、支度をする私…。
子供にお仕事だからと言い聞かせる私…。
夜間保育園に子供を預ける私…。

スゴイ罪悪感…。バッド(下向き矢印)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ごめんネ…。
クリスマスと年末年始は一緒に過ごすから…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今夜は母役でもなく、父役でもなく、女役になりたいの。かわいい

微笑みの君が迎えに来てくれ、今夜一緒に飲みに行く友達を紹介される。
彼の友達は男一人女二人組。彼の職場の同僚達である。
「こちら僕の彼女のヨピコ…」

彼女だって!か・の・じょ!
ますます実感!
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

挨拶をした後、気付くと私と彼、彼の友達三人組で歩いていた。
「私が来ても大丈夫だったの?私が来ても良かったの?邪魔してない?」
「勿論大丈夫。君が来てくれて本当に嬉しいよ。ありがとう」わーい(嬉しい顔)
でも何故だか居心地が悪い

五人は最初に近くのプール・バーに行ったの。ビール
彼はビリヤードをプレイしては、私と手を繋ぎに戻ってくる。
絶対自分の事や遊びに没頭したりしない。
いつも私を気に掛けてくれるのが彼の良い所

取り合えず、彼の友達と打ち解けちゃわなくっちゃ。グッド(上向き矢印)
私は内向的って言うよりは、外交的だから積極的行動しちゃう方。
この微妙な雰囲気打破しなくちゃ。パンチ
居心地悪すぎ。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

彼氏の女友達と話すのって結構抵抗あるような気がする。ふらふら
彼女達だって、友達の彼女を値踏みしようとするだろうし…。
で、ブロンドの女の子達の一人に話し掛けてみた。手(グー)
思ったより気軽に話してくれる。
ε= (*^o^*) ほっ

「彼とどうやって出会ったの?」と彼女。
「言っていいのかな?彼とはネットで会ったんだよ」と私。
彼女は現在妊娠していると分かったので、子供の事で話したりした。るんるん
また彼女がフロリダ出身だったので益々話が盛り上がったりしたの。

良し!ひらめき
これでチョッとは、居心地が良くなったぞ。
すると今度はカラオケに行くと言う。カラオケ
そこはバーで、今時毎曲200円を入れて歌う所…。
「普通のカラオケに行った方が安いんじゃ…?ま、良いけどさ…」

カラオケが始まって、英語の歌がズッと続く…。
皆で一緒に歌って盛り上がってる…。
さっきの子はとても歌が上手く、私にも歌えと言う…。

最近歌ってないなー。ふらふら
出ないでしょー。
それに英語の歌かー。
日本人の前と外国人の前ってまた違うよね…。たらーっ(汗)
この盛り上がりがシーンとなったら…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

ますます、歌えないっしょ…。もうやだ〜(悲しい顔)
そんな私を微笑みの君は仲間と一緒に楽しめるよう、私を自分の前に抱っこしながら歌ったり、歌ってる友達の方に引っ張って行ったりして、気を使ってくれてる…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

もう一人の女の子がを入れて、微笑みの君の所に来た。カラオケ
マイク一本で、彼の横に座り一緒に歌おうって言ってる。
彼は一緒に歌い始めたが、始終その間私の肩に手を回してくれていた。ムード
良い人だよね…?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

すると突然歌の途中で、彼女はプイッと、向こうに行ってしまった…。あせあせ(飛び散る汗)
そして向こうで何だか言い合ってる…。
何だ?何だ?何だ?がく〜(落胆した顔)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

彼が戻って来てたので話し掛ける。
「実は…彼女は僕の事好きなんだ」彼が囁く。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「でも僕は彼女の事は友達として好きなんだ。彼女とは良い友達だから、その友情壊したくないんだよね…」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
何と!
そう言う事か!

どうしてこんなに居心地が悪いのかと思ったら!
彼女の今まで私を見る目や、彼女の私に対する行動原因だったのだ!がく〜(落胆した顔)
私とした事が、鈍感だったわ!

「この間横浜デートの時、何度も電話が掛かってきて僕が出なかった時あるでしょ?あれは彼女からだったんだよ。僕達喧嘩してて、あれから初めて彼女と今日話したんだ」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

そうだったのか!
あの時変だと思ったの!
出ないから「女から電話なのか?」って思ったもの!携帯電話
それにしてもかなり沢山掛けて来てたような…。

「ああう!じゃやっぱり私は来るべきでなかったのでは?」がく〜(落胆した顔)
「そんな事ないよ。僕は君に今日会えて本当に嬉しいし楽しいんだ」揺れるハート
また女殺しの優しい微笑。

すると彼はを入れて歌い始めた。カラオケ
「君に歌うからね!」
ケビン・コスナー主演の映画「ロビンフット」のサントラで有名。
「I do it for you」
(/ω\) ハジカシー

曲はかなり古いよね?
あなたこの時、年幾つだったのよー!?
って言うか、こんな歌、歌ってて良いの?

私は彼女の気持ちが分かるから、全然落ち着かないし…。がく〜(落胆した顔)
だけど彼、私に向かって熱唱…。
ヾ(;´▽`A``汗

その後私は、バーに来たオヤジさんと意気投合?
彼と一緒にラブラブ・デュエットしてみたり…。
オイオイ...( ;・_・)ッ( ゚ー゚)ウキ...
ま、それが私という人なのです…。

カラオケを終え、帰る時その女の子が私の所に来た。
「今日はその…。感じが悪くてゴメンネ…」
まあ!るんるん
いい子じゃん。

「ううん。今日はあんまりお話出来なかったから残念わーい(嬉しい顔)
その後何かボソボソ恥ずかしそうに言ってたな。
そして微笑みの君と私は彼の家に、彼女達はに帰える事に。
私が彼の家に一緒に帰るのも、彼女は多分複雑な気持ちだったろうな…。たらーっ(汗)

やっぱり複雑…。
全然喜べない…。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

その夜私は、彼とのキスがチョッとギコチなくなってしまった…。


→続く次項有













posted by ヨピコ at 15:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ステイタス!

微笑みの君との3度目デートハートたち(複数ハート)
前回のような事が起こっちゃならない。
で11時に彼の住む駅に到着した私。
…怖いな!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

今回彼は起きていて駅に迎えに来てくれた。車(セダン)
(当たり前だよ!)
私は今回もデートを勝手に横浜に決定。ひらめき
道に迷いながらも、最初の目的地横浜中華街へ。

051219_1249_0001.jpg

ランチ食べ放題に挑戦したものの、私はチョッと緊張して食べれないし、彼もあまり食べないので、結局始終お互いの話し没頭で食べ放題じゃなくても良かった調子…。レストラン
その後山下公園から、赤レンガ倉庫へ。

倉庫前には期間限定のスケートリンクがあるというので、寒いのに行ってみたら「え?」って言う代物だった…。もうやだ〜(悲しい顔)
その後ウインドウショッピングしながらお互いの写真を撮りあいました。

051219_1516_0002.jpg

次なる目的地は、横浜コスモワールド遊園地
色々なアトラクションを楽しんだ後、勿論あの有名な大観覧車「コスモクロック21」に乗ったよ!
O(≧▽≦)O ワーイ♪

辺りが暗くなってきて、街がクリスマスイルミネーションで輝いてる中、ユックリと観覧車のゴンドラに揺られて、とってもロマンチックでした。揺れるハート

051219_1651_0001.jpg

本当はデート中、私にしては珍しく彼と話が弾むかどうか不安だったの!
何故って、何だか意識しちゃって…。
(お前は、女子中学生か!)
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

一応ネタも考えていたんだけど…。
それは彼の職業ネタとか…。
「ねーコンピューターが出来る人って凄いと思うの。私も全然知識がないから、勉強したいんだけど何から始めて良いのかも分からないんだ」

「何の内容を勉強したいかによるよ。何が勉強したいの?本
「うーむ。何があるのか分からない…。あなたは何を勉強したの?」
「僕はC+と…△■○(永遠に続くかと思う位)※×▼…かな」

「ふ、ふーん」がく〜(落胆した顔)
「使わないと忘れちゃうね。他の言語みたいなものだよね」
「ほ、ほー」たらーっ(汗)
「あ、あとOracleも好きだよ!あれは面白いね」

「へ、へー」もうやだ〜(悲しい顔)
会話になってねー…。
仕方なく、映画マトリックスを思い出すヨピコであった…。たらーっ(汗)

教訓;知らない分野は黙っとけ。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ


実は微笑みの君、クリスマス休暇でアメリカに金曜日に帰ります。クリスマス
二週間を家族と、そして愛する娘と過ごす為に戻るのです。
久しぶりに会えるという事で、彼も凄く楽しみにしています。

って言うか、つまりクリスマス&年末年始独り確定じゃん!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

分かっちゃいるけど、チョッと寂しい…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

って言うか、アメリカ行くまでの間だなんて言わないよね?
って言うか、戻ってきたら知らない振りとかないよね?
って言うか、向こうに彼女がいるっていう事じゃないよね?

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

不安は尽きない…。バッド(下向き矢印)
だって、何の保障もないんだもの。
だって、私ったら一介の…exclamation×2

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

なんだろう…。
トモダチ
最近、そんな思いが頭に浮かび始めてた。


その夜、二人で仲良く横になってお話していたの。ムード
私の提案で、本音質問と答え交互にする遊び。
私この遊びが大好きなんだよね。るんるん

思い掛けない質問もされるけど、思い掛けない質問も出来る!
(☆。☆)キラーン!!
勿論私は正直に答えますし、相手にもそれを要求しますが!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

今回のデートとこの遊びでかなり彼の事が分かりました。グッド(上向き矢印)
あんなに優しい眼差しと、あんなに純粋そうな顔して…。
結構遊んでました…。バッド(下向き矢印)

ま、遊んでた方が良いけどね…。
後で遊びに目覚めちゃうよりさ。


って言うか、皆あの優しい顔騙されちゃうんだよ!?
あんな目をして微笑まれたら、この人絶対イイ人って思っちゃうもん!
勿論優しいしイイ人だから良いんだけど…。たらーっ(汗)
でもだからには困んないんですよ、奥さん!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

そりゃ子供までいる人ですからね…。あせあせ(飛び散る汗)
そんな環境じゃ、私の他に何人いるんだか…。
と、私の中の獅子もチョッとだけ弱気になりますがな…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


すると彼が聞いてきた。
正直に答えるんだよね?」
正直に答えてるし、正直に答えるよ」

「ふーん…。じゃ、僕達って何?」

exclamation×2

こ、これってば!
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!

「どういう意味?」
分かっちゃいるけど意味が分からないフリをする!

「僕達のステータスって何?」
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

「ステータス?」
あくまで平常心
あくまで分からないフリなのぉ!

「つまり友達なのか、彼氏彼女なのか…。僕達って何なのかなって」
「実は私もあなたが日本を発つ前にそれを聞きたかったの」飛行機
「僕も日本を発つ前に、それをハッキリさせておきたかったんだ」

「そう。それで私達って?」
ドキドキドキドキドキ…。揺れるハート
彼が私の目を覗き込む…。

「彼氏彼女…?それでイイかな?」黒ハート
得意の優しい顔微笑む!
「…うん」と私。

あああうう!
鼻血ぶーーーーー!
失神ですぅ!

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

バンザーイ!
やりました!
達成しました!
o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」作戦大成功です!
とうとう!
とうとう!
とうとう!

私に彼氏が出来ましたでございますーーー!
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

いやー長かった…。
辛い道のりでした…。
今後もまだまだ不安はありますが頑張ります!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ











posted by ヨピコ at 22:49| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

デート2

前回タイトル「デート1」は癒しの君との初デートでした。
今回は微笑みの君との二人だけのデート?についてです。

ちなみに癒しの君と、微笑みの君の名前って同じなんですよ!
間違えないからイイね!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

あの六本木デート後、電話がなかったので非常に落ち込んでいた私…。もうやだ〜(悲しい顔)
実は単に彼が2日間仕事で缶詰だっただけみだいだった。
仕事が終わってすぐに彼から連絡が入りました。

「もし良かったら近々会えない?」ハートたち(複数ハート)
そして私達二人だけのデートが決まったの。
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

しかし前日になって急に彼が「一緒にディナーでもいい?」って言うの。レストラン
「ええ!ディナー?昼間は会えないの?」
基本的に夜だけのとか、チョッとした時間だけの女になる気はない。
ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ

「うーん、実は急に仕事で基地に行かなきゃならないんだよね」
(≡д≡) ガーン
「でも1,2時間だから平気かな…。じゃ12時に会おうか?」
O(≧▽≦)O ワーイ♪


当日。
出掛ける前に私は待ち合わせ場所を聞こうと電話してみた。携帯電話

トゥルルルル〜・トゥルルルル〜…
って言うか、時間ずらして掛けても出ませんが…。バッド(下向き矢印)

…まさか!
無視とか無断キャンセルじゃないんでしょうね…。あせあせ(飛び散る汗)
想像もしたくない考えが頭を持ち上げる…。
いやいや、彼はそういうタイプの男じゃないもの。

チョッと不安…。たらーっ(汗)
だが信じて先に電車彼の家方面に向かう事にした。
きっと途中で電話が折り返し掛かってくる筈。

に着いたが連絡はなかった…。がく〜(落胆した顔)
思ったより寒いし。風強いし。
仕方がないのでメールを打つ事にした。

「今駅にいるよ!寒いから早く連絡頂戴ね!」携帯電話
メールを打った後、も寒くなってきた…。
ウィンドウショッピングを少しした後、また電話してみる。

トゥルルルル〜・トゥルルルル〜…
また出ませんけどお?!
それでも待ちながら、一人でランチを取った。

あり得ない…。たらーっ(汗)
「チョッとあなた!もしかして寝てるんじゃないんでしょうね?起きろ!」
(`□´)コラッ! とメールしてみる。
音沙汰なし…。
*o_ _)oバタッ

帰る…。
私は仕方なく家に帰る事にしたの。電車
あえなく悲しみの帰宅…。
すると家に着いてすぐ、電話が掛かってきた。

「ごめん!ごめん!ごめん!ああ、本当にごめん!」あせあせ(飛び散る汗)
微笑みの君の謝りの電話だった。
携帯置きっぱなしで寝てた…」

やっぱり…!バッド(下向き矢印)
メチャ嘘臭い理由ですな。
とか何とか言って、他の女と一緒だったんじゃないの?
ま、彼の声は間違えなく、寝起きな声だけどさ…。

でも本当に謝ってるのが分かったので、許してあげる事にした。たらーっ(汗)
私って本当に優しい人なのよねー。
オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!

って言うか、次はないからね。むかっ(怒り)
それからまた電車で、そっちに行く気ないんですが?
すると彼が来ると言う。
「じゃシャワー浴びたりして、こっち出る時にまた電話するね」

それから1時間半後、電話が掛かってきた。携帯電話
「いやー長いシャワーだったわねー」嫌味な私。
「ごめんね、基地に来なくちゃならなかったんだ。これから向かうけど、どうやって君の家の方に行くのか分からないんだ」

「じゃ、まずで切符を…」
「ヨピコ、なんだけど?」たらーっ(汗)
車か、そうか…。
「分からないから地図で調べる…」
高速乗るから出口を教えてね」

道なんて全然分からないから、高速降りた彼が一般道に出ても、全然どうなのか説明出来ず、私は目印を探したり、彼の車を探すべく走り回って本当に大変だった…。もうやだ〜(悲しい顔)

会えないんじゃないかとも思った…。
が、やっと彼に会えた時、非常に感動したんだよね。黒ハート
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

「今日は本当にゴメンね…」と彼。
…超カワイイから許す。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

本当は二人で出掛けたかったけど、を保育園に迎えに行かなくちゃいけない時間が迫ってたから、彼に一緒に娘を迎えに行ってもらって、自宅で過ごす事にしたの。

私が夕食を作って、無理やり「ロズウェル」をチョッと見せた後、二人でレンタルしてきた映画を見ました。今回は彼が絶対私と一緒に見たいと言ってくれたお勧めでした。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

彼の超お勧めの映画はこちら。
「50回目のファーストキス」


とってもスイートな映画でしたよ!映画
男の人がこの映画を一緒に見ようって言ってくれるなんて最高
お陰で私達もとってもスイートな時間を過ごせちゃった。ムード
またチョッとだけ私と微笑みの君は仲良くなりました。

まだまだ色々不安があるけど、もっと彼の事を知りたいなって思っています。
一応、明日も彼とデートの予定です。揺れるハート
(≧∇≦)キャー♪
posted by ヨピコ at 14:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

第一段階突破

→微笑みの君との出会いはこちら
→前回の話はこちら


「彼は7,8年来のカナダ人の友達で…。それであなたの職場に送ってあるメールには書いたんだけど、実は昨日の夜彼とチョッと色々あって…。兎にも角にも、彼は私の友達なの!偶然こんな所で会うなんてビックリだわ!」

本当に言い訳っぽく響くのにもビックリである…。たらーっ(汗)
微笑みの君は、何も言わず優しく微笑んでいる。

どうよ?!
信じているのか?
「この女、色んな男と宜しくやってんな」
…なんて思っちゃいないかしら?

「じゃこの彼からのメール見て!」
今思うと全然見せる必要はないの!
でも完全にベロベロ酔っ払ってた私は必死に証明もうやだ〜(悲しい顔)

って言うか、メールを見せた方が完全に誤解の基なのに!ふらふら
「ね?で私は彼との友情を壊したくないから、あんな行動を取った訳なの」
そうさ!友情を壊したくないから、相手のお尻に蹴りを入れたさ!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

「ヘイ、君を信じてるから大丈夫だよ」わーい(嬉しい顔)
おお!神よー!
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

これで何かあったら、ディガーぶっ殺す!むかっ(怒り)


その後何軒かハシゴした後、とあるバーに落ち着いた。
彼と色々話し合っていると微笑みの君は、私の目を見つめながら手を取って優しくこう言ったの。
「今日は本当に楽しく過ごせてるよ。会ってくれて本当にありがとう」黒ハート
「私も久しぶりに本当に楽しい時間を過ごしてるの!私こそありがとう!」

「もし君さえ良かったらなんだけれど…。今後もデートを重ねていけたらって思うんだ。そしてそれで二人がどうなるか見ていかない?僕は君が好きだよ…」揺れるハート

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

うおおおおお!
鼻血がああー!

「私も…好き」
(*/∇\*)キャ

「ん?何?もう一回言って?」わーい(嬉しい顔)
聞こえてるのに聞き返してくる。
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

そして!
見詰め合って!
…キスしちゃいました!黒ハート
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

その日私と微笑みの君はとっても仲良くなれました。ムード


元旦那さんとの離婚から半年以上…。もうやだ〜(悲しい顔)
色々ありました…。
でも今回チョッとだけ、雪解けを見た気がします。雪

さてはて私と微笑みの君は今後どうなるのかしら…。
正直言って、これをここに書く事さて非常に怖いです…。もうやだ〜(悲しい顔)
駄目でしたって、報告しなきゃいけなくなったらって…。

まだまだ臆病者の私です…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

が!
決意後の私はこれまでとチョッと違います。
落とすのにノンビリ、今迄みたいにしちゃいませんから。
ターゲットは本気で一気に落とします。

(`ー´) クククッ

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス…
ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ













posted by ヨピコ at 12:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

予想外

→微笑みの君についてはこちら

HRC.jpg


横浜のハードロックカフェに着いた私と友達。レストラン
「今何処?私達ハードロックカフェに着いたよ」
「実は道に迷っちゃって。ゴメンネ、少し遅れる」

どうやら車なんだって!車(セダン)
私達は車がない…。
こんな寒い日にはとっても素敵ぴかぴか(新しい)
若いのに気が利くな!
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

仕方なく先に列に並んでおく事に。
それからやっとテーブルに案内される。
私は彼らが来たら分かるように、入り口が見える位置に座る。いす

「今何処?」のやり取りする事数回…。
入店してからかれこれ20分経過…。
仕方なく先に飲み物を注文する。バー

勿論、美味しいお酒でまずは私達で乾杯です!
すきっ腹の私達にアルコールは効果覿面
(*^¬^*)ウィーッ

すると店にアメリカ人な男性二人組み来店!
き、来たー!?
彼らも私達の方を見てる!見てるよね!?

|∀・)・・・・・ ?アリャ?

あれは…。たらーっ(汗)
オヤジと言う生き物じゃないのかしら?
どう見てもデップリ40代…。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
だ、騙された?

写真と違うよー!がく〜(落胆した顔)
「や、ヤバイかも。こっち来たらどうしよう…」
を何故か手で隠し伏せ気味に声をひそめる私達。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

と、その後からまたアメリカ人二人組み。
あああ!彼らだ!
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

こっちに微笑みながらやってくる。
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

そして!
どうやら、何だか!
思ったよりカワイイぞー!
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

二人が席に着いた時、あまりの嬉しさに私達は笑わずにはいられなかった。わーい(嬉しい顔)
デップリオヤジな人々のインパクトが非常に強かったので、体がつい素直にそのギャップからくる安堵感と嬉しさを止められなかったのだ。
ああ!何て私は現金な女なの!

ドキドキドキドキ…。揺れるハート
私の隣に微笑みの君が座る。
茶色の髪に茶色の優しい瞳。

それから初対面とは思えない程に4人は会話が弾んだの。
私は一杯目のカクテルで顔がピンクに変化。
食べ切れない程の食事を堪能した後は、彼らの車でクラブに向かう事となったの。

クリスマスの素敵なイルミネーションで一杯の街。クリスマス
ロマンチックな中、彼がそっと彼の腕を私に出す。
私は彼の腕に手をやる。
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

実は食後に私がトイレに行く際、彼の友達が一緒に行こうと腕を差し出して来たの。トイレ すると彼は「Hey, no, no, no!」ってふざけて言ってたけど、私とその友達は腕を組んでトイレに行ったのよね。
そしたら今度は彼が彼の友達に「ふふん」って。
遊びなれてるって言うより、女の子の気分を良くしてくれる感じかな。わーい(嬉しい顔)

でもそれより何よりビックリが彼の優しさなの。年齢に似合わず落ち着いていて、優しく微笑みながら皆の話を聞くタイプ。
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!
超超超好みー!


確かにリーダーシップ取って、パーティーなんか盛り上げちゃうような男性も魅力的だけど、対個人ってなった時に多分、今の私だったらプレッシャーを感じてしまうと思う。
「私も面白い奴じゃなきゃ」「楽しませなきゃ」みたいな。ふらふら
(お馴染みの吉本根性が…)

でも所詮子供がいたら、時間関係なく一緒に遊びまわる事なんて不可能。そうなると「つまらない奴」って思われちゃうんでは?
なんて人の気持ちを、推し量りながらのお付き合いになってしまうと思うの。
若い学生気分でお付き合いなんて、もう絶対出来なくなったのよね。たらーっ(汗)


私達が素敵なお車でクラブに行くと、何と週末であるにも関わらず休みでした!
(≧◇≦)エーーー!

あり得ません…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「どうする?」
時間は既に12時近く…。
六本木でも行くか…」
(゜ロ゜;)エェッ!?

と言う訳で、私達は素敵なお車で六本木に出発した。
六本木なんて、非常に久しぶりだったのでビックリです。
ワーイ・ワーイ \(^_\)(/_^)/ ワーイ・ワーイ

土曜日の六本木は超混んでいました。
私達は駆けつけの一杯をダーツ・バーで。
ダーツ初めて…。(-。-)ボソ...
微笑みの君はダーツが上手でしたね。

その後クラブをハシゴしながら飲みまくる事に!
しかし!
一番驚いたのが!
彼らの金払いの良さ!

私も一度は軍人の妻となった身…。
実は癒しの君も微笑みの君も、元旦那さんと同じ年。
だからお給料予想がついちゃう…。

ランクなんて聞いたら、かなり分かっちゃう…。ふらふら
なのに、彼らはハードロックカフェでもかなり使った筈なのに、全部おごりで頼んでいないのに、幾らでも買ってきてくれる!
プラス車はあるし、家はあるし、な、何者なんだ?

私の友達と彼の友達は、大酒飲みつつ二人でギャーギャー騒いでる。
ウマが合ってんだか、喧嘩してんだか…。
ヽ(´ー`)/ふぅ…

私と微笑みの君は一緒に踊ったりノンビリしたり。黒ハート
子供の話とか離婚理由とかまで、結構突っ込んだ話してたの。
彼は元奥さんとは、今でも親友でいるんだって。ぴかぴか(新しい)

それってとても凄い事だと思うの。
不思議なのは彼ほど優しくて、滅多に怒らなそうな人がなぜ離婚
高校生で知り合い恋に落ち、結婚して子供が出来たんだけど、気づいたら二人の間に愛が無くなってたんだって…。
不思議…。良く分からない…。たらーっ(汗)

私も元旦那さんの事を彼に話したの。
すると「つらかったね」って、ずっと背中を撫でてくれてた。揺れるハート
「僕も離婚辛さは分かるから…」って。
そして私達はチョッとだけ、お互いが近くなった気がしたの。ムード

大酔っ払いな私達。たらーっ(汗)
大笑いしながら微笑みの君の腕を取って歩く私。
最近話題になった六本木のドンキーホーテの近くで信号待ち。信号

と、そこに外国人グループ。
皆お酒が入ってるから大騒ぎしてる。
私の隣に寄ってきた外国人一人。

何気に顔を見る…。
( ・◇・)?(・◇・ )
( ・◇・)?(・◇・ )

「ああ!?俺コイツの事知ってる!」
「え?ああ?…ディガー!?」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

何でコイツがここに?
何でコイツがこのタイミングに?

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「こ、コイツ〜!お前のケツ蹴っ飛ばしてやる!」足
と路上で酔った勢いもあって、奴のお尻に蹴りを入れ始めた…。
ディガーの友達が面白がって、私達の絡んでる写真を撮ってる…。カメラ

って言うか…。バッド(下向き矢印)
私の馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿〜!
見ていないけど、絶対微笑みの君は唖然としていたと思う…。がく〜(落胆した顔)
普通、そんなお言葉吐いて、他の男のお尻蹴りません…。もうやだ〜(悲しい顔)

「じゃ俺そろそろ帰るから!またね〜!」
するといきなり、ディガーはタクシーを拾って帰っていった。ダッシュ(走り出すさま)
ディガーと超混雑した六本木の街で偶然会ってから、彼がタクシーに乗って去るまでの時間およそ2分…。時計

前日、金曜日のやり取りを笑って済ませ、また友情を残す為、ギクシャクしない為に、私は本能的にこの行動をした気がする…。たらーっ(汗)
多分ディガーも私が微笑みの君と一緒だったのを見たと思うし。
何だか後味が悪い気がした…。バッド(下向き矢印)

ってより、何より!がく〜(落胆した顔)
微笑みの君に何て言うのよ!
私の友達たちチームは、既に信号を渡ってこっちを見てる。たらーっ(汗)
微笑みの君は…。

私の後ろで私を見つめてる!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


→続く次項有




















posted by ヨピコ at 15:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。