2007年01月22日

対決

<4年振りの再会>

パスポート案を提案されていた時、ジェイソンからの着信が7,8度、続けざまにあったが、出れずに無視していた…。携帯電話
(↑怖いよ!ストーカー並だな!あせあせ(飛び散る汗)

留守電に久しぶりに聞く、奴の声が残されていた。
『ヘイ!俺だ!電話に出てくれ!明日会った時、養育費に5万円は渡す用意がある。明日娘に会えるのを楽しみにしている』
(↑俺ってだれだよ!)

おおおー!グッド(上向き矢印)
と思うや否や、また奴からの電話を着信した。
丁度弁護士と話し合いが終わったので、一呼吸置いて出る事にした。

「ハーイ!ゴメンね。病院に来てたので、電話に出れなかったの。でも思ったより良好だったので、明日予定通り会いに行けそうよ。そっちはどう?…そう、じゃあ横浜駅で12時ね」

ふー!ふらふら

娘の為なら、母は強くなれます。手(グー)
心配そうに微笑みの君が、私を見つめる。
「大丈夫。養育費5万円くれるって言ったしね!頑張らなくちゃ!」

緊張したけど、自分の立場が分かったので、強気で頑張れる。
お金じゃないんだけど、やっぱり何かしら大人なんだもの、責任を取ってもらわなきゃ、私の気が収まらない。ちっ(怒った顔)


その夜は大変だった!あせあせ(飛び散る汗)
微笑みの君は翌日、仕事だったのにも関わらず、アメリカ大使館のホームページを何度も私と一緒に読み返し、必要書類をプリントアウトした。

結構な枚数で、見るだけでウンザリするので「大使館に行ってから見せた方が良いね?」なんて、小さな作戦も立てた。
そして彼にもパスポート等、持って来て欲しいので、なるべく怪しまれないようにメールをする。

書き出しは…。
『ヘイ!今さっき思いついたんだけど、丁度あなたも日本に居る事だし、今回会うついでにアメリカ大使館で、娘のアメリカ市民権取得の手続きとして、パスポートを作ってきたらどうかしら?…』

ヾ(>▽<)ゞブハハハ

パスポートの他にもソーシャルセキュリティーナンバーの取得が出来るので、必要書類の吟味にも時間が掛かったの。
何て言っても出産時に届けるものが、今もう既に5歳ですからね。たらーっ(汗)


横浜に来て貰うより渋谷で会った方が、便利だったのでメールを読んだら、返事が欲しいと書いたのに、そのまま返信が来なかった…。がく〜(落胆した顔)
どうしよう…。
読んでいないのか?パスポート作るの嫌なのかな?

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

仕方なく、当初の待ち合わせ横浜で待つ。バス
すると公衆電話から、彼から連絡が入る。
「さあ、○○(娘の名)のパパに、会いに行くよ!」

娘の手を引いて、奴の目の前に歩み寄る。
ああ…。あんまり変わってないなぁ…。
チョッとだけ、年齢が上になった気がするけど、殆ど変わらないなぁ。たらーっ(汗)

取りあえず今後の予定もあるので、メールを読んだかどうか聞く。
「ああ、パスポートの事読んだよ。それについてはチョッと話し合おう」
げー!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

別にすぐOKすると思ってたのに、パスポート取得反対なのかしら!?あせあせ(飛び散る汗)
どうしよう、どうしよう…。
何とか上手く説得しなくちゃ…。

食事はやっぱり、TGIフライデーズだった…。バッド(下向き矢印)
席に座って、他愛も無い挨拶を交わしたりする。
いつ、どう切り出そう…。

まず作戦はこうだ。
@絶対にパスポート取得が、メインと悟られてはならない。
A絶対にこの結婚のビザ取得と関係があると、悟られてはならない。


「そう言えば、パスポートの件どうしたの?とっても良いアイディアだと思ったんだけど?何か問題でもあったの?」
「ああ。問題は無いけど今は別にまだ小さいから、必要じゃないと思っただけだ。大きくなってから、娘に選ばせれば良いじゃないのか?」


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「国籍って事?そりゃ勿論そうよ」
そう来たか!
急いで乾いた唇を飲み物で湿らせ、最近使っていない脳ミソをアメリカの最新コンピューター並に働かせる。

「アメリカ市民権取得とかってさ、普通は生まれて直ぐに取得するものじゃない?だから子供が大きくなるにつれて、年々難しくなると思うの。特に娘は結婚しての子供じゃない訳だし…。あなたの子供だって、アメリカ人の子供だって証明する為に色々大変になってくる訳よ。例えばDNAテストとかさ。だから今のうちに、丁度いい機会だし取得しておけば、彼女の為になると思ったの」

私の心臓はドキドキ脈打っていたけど、風呂上りの様な顔して続ける。いい気分(温泉)
奴が何を考えてるのか分からないので、地雷で一杯の道を歩いてる気分だ。
隣で娘は静かに、チキンフィンガーを頬張って、母を応援している。

ヾ(>▽<)ゞブハハハ

「この子とっても勉強が好きでね、ひらがなもカタカナももう書けるし、漢字も少し始めてるし、足し算のドリルも良く出来るの。将来お医者さんになりたいんですって!ま本当になるかどうかは別にしても、将来もしアメリカの大学に行きたいって言った時に、外国人だと授業料高いでしょ?私そこまで出せるかどうか分からないし、大きくなったこの子に『なぜ私は半分アメリカ人なのにアメリカ市民じゃないの?』って言われたくないかなって」

これからアメリカ人と結婚するくせに、私の口からは嘘なのか本当なのか分からない言葉の束が、しゃあしゃあと溢れ出てきた。
そりゃそうでしょ!こりゃ一世一代の大舞台の1コマだもん!手(グー)

ヾ(;´▽`A``汗


「今後の将来にも不安があるって言うか…。ドイツに居たから良く知ってるかどうか分からないけど、今北朝鮮の問題とかこの日本も安全とは言えない状態だと思うの。私はどうなってもいいんだけど、もし北朝鮮が暴発した場合とか、この子だけでもパスポートさえあれば、アメリカに避難出来るじゃない?日本に居るよりは安全だと思うの。それにこんな風に、色々将来を考えるのも、別に私、この結婚が絶対だって思っていないの。人間何があってもおかしくないから。もしかしたら2年後にでも、離婚して日本に居るかもしれないし…、でしょ?」

ヒョェー!たらーっ(汗)
飛ばしすぎですか?
でも私もここまできたら、何でも語りますよー!

ヾ(>▽<)ゞブハハハ

「でも彼と結婚したら、君は移民ビザ申請したりするんだろう?この子も一緒に?アメリカに住むには、それしかないよな?」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「勿論移民ビザ申請するわよ。その方法が一番簡単だし、手っ取り早いしね。でも考えてみて。この子がその方法をすると、日本人として移民ビザ取得ってなっちゃう訳。本当のアメリカ市民じゃ無くなっちゃうの。だから私は彼氏の名前で、移民ビザを申請するより、あなたの名前でアメリカ市民権を取得の方が良いって思っただけ。それでこの子が大人になったら、好きな方を選べば良い訳だし、そんなに日本政府は二重国籍に厳しくないらしいから、ずっとどちらも持っている人も居るって話よ…?ま勿論、私も昨夜突然思いついた話だし、別に嫌なら無理言わないけど。ついでに出来たらって思っただけだしね…」

本当かよ!?
どっからが嘘で本当か不明の、突然の張りぼてチックな説得話だけど、相手に私が喉から手が出る程、パスポートが欲しいだなんてバレちゃいけないからね。

相手が何て言うか、ドキドキでゲロをぶちまけたくなった…。もうやだ〜(悲しい顔)
「分かった。君が今娘に国籍を選ばせようとしてるのかと思って、パスポート取得を待った方が良いと思ったんだ。でも二つ持っていて、将来彼女に選ばせると言うなら、今日パスポート取得に行っても良いよ」

|∀・)・・・・・exclamation×2

そして胸元から、おもむろにお金を取り出した。exclamation×2
「これ養育費。6万円あるから」
おおおおお〜!

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

posted by ヨピコ at 11:33| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記にしとくべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もはや『沈黙は金』の時代は終わりました。
『雄弁は大金』です♪
J氏、『自分が第一』の信念は変わらないようですが
ちゃんと子供とヨピコさんの事も考えてるように見えるなぁ・・・
それを表現する事と、実行してみせるパフォーマンスが
苦手なだけな様な気がするけど・・・
でも、ヨピコさんが一番良く知ってるんでしょうね(^^;)
Posted by 神井 at 2007年01月24日 14:48
欲深な母は、まだまだもっともっとと、心から叫びたい気分でありましたね!
って言うか、奴に6万円貸してたから、実際は自分の貸してたお金が、利息無しで返ってきたようなものなんだけど、それを言っちゃ終わりなので、必死でこれでも言葉を飲み込んでおります…。ははは。

奴はね、全然私達の事なんて、考えてません。
ずっと見てて思いましたが、特にそんなに娘の事、大切に思ってるのかも、謎なんですよね…。顔だけはソックリだけどね…。本当に裏では何してるのか…。とほほ。

Posted by ヨピコ at 2007年01月24日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。