2007年01月21日

クソッタレ

<忍び寄る影>

のんびりとしたお正月を送る私達。犬
そこにユックリとしかし確実に、ある影が忍び寄って来ていた。人影
短く簡単に、だが確実に、毎日送られてくる…。

それは勿論…。
娘の父親、ジェイソンからのメール!mail to
「今日本に居る。いつ会えるのかな?返事をくれ」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


微笑みの君が戻ってからの休暇中は、どうしても彼に会いたくなかった。
ずっと会えなかった分、彼と一緒に過ごしたかったから。ムード
なので微笑みの君が仕事に戻ってから、会うと決めていたのに。

いざ奴と会う日時が近づいてくると、なぜかいたたまれなくなった。がく〜(落胆した顔)
奴のメールが来る度に、胃がキリキリと締め付けられ汗が噴出す
生まれてこのかた初めての、心の底からの押さえ様の無い怒り恐怖

ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

「Are you sure? 本当に君は彼と会いたいのかい?」
「も、勿論!奴に会って、養育費を払うと契約書にサインさせるの!」
「でもそれによって、君は彼と度々会って娘と面会させる事になるんだよ?」

「わ、分かってるもん。でもでも…あせあせ(飛び散る汗)
「それで彼から貰う幾らかの養育費は、君が奴に会う度に受ける、その心理的・身体的影響も含めて、それ相当の価値が君にとってあるの?」

「し、正直彼の事嫌いだし憎いし、嫌悪感で一杯で、会う事考えると恐怖で体が震え上がってるあせあせ(飛び散る汗)。前の結婚の時は彼に見切りをつけて、二度と一生会わない事にしようとしたけど…。でも今回は問題から逃げずに戦おうと思うの…。それにどうしても妊娠当初から、私だけが責任を負って、彼が何の責任も取らない事が、許せなくて仕方が無いのちっ(怒った顔)

「…分かった。君がそう言うなら、いつでも僕は君をサポートするよ」

自分で言っときながら、吐き気を覚える。バッド(下向き矢印)
あーあ、何でこうなっちゃったんだろう…。

確かジェイソンが、私とヨリを戻したいとかで、日本に戻ってくるって言い始めたのが、始まりだったような気がするけど…?
それがどうして、私が結婚してアメリカに行く事から、奴が日本に休暇でやって来て、私達と会うって事になっちゃったのかしら…?ふらふら

う〜ん…。
って言うか、いつもアイツは話を煙に巻くのが上手かった…。
そしてものの見事に私は、例外無くいつも奴のペースに巻き込まれるのだ。

(`Д´≡`Д´)ドウシテ??

「ジェイソンは君を良く知っていて、君の優しい所を利用してコントロールし、君を僕には全く理解出来ない彼への恐怖で支配してる。もう一度聞くけど、本当に僕が一緒に行かなくても平気?」

実は日時が近づくにつれ、奴への不変の怒りも再燃してきた。爆弾
この彼の来日を前後して、奴の相変わらずの調子を垣間見たからなの。
例えば…。

「2週間日本に滞在する。そのうち1日○○(娘の名)に会いたい」
次項有2週間も日本に滞在しながら、私が会わせる会わせないはともかく、娘に会いたいのは、たったの1日なのかよ!?じゃあ、何しに日本に来たんだよ!

「水族館か遊園地にでも行こうか?(来日直後)」
「ディナーにでも行こうか?(年始直後)」

次項有子供がディナーを喜ぶのか?って言うか、何で夜なんだよ夜!それも食事って1日過ごさなくても数時間で良くなったのか!?

「2週間も日本に居るなら、僕だったら毎日でも娘に会いたいけどなぁ」
「でしょ?おかしいよね?つまり娘が目的で日本に来てない訳よ。滞在先も六本木ヒルズ周辺だし、どう考えたって年末年始のパーティー三昧が目的よ!それに公園やランチならまだしも、ディナーってどう言う事よねー!?」

「うーん…。子供とどう過ごして良いのか、分からないんじゃないの?」
「えええ!だって水族館か遊園地って言ってたのに?それに彼は医療関係の仕事だもの、子供にだって十分接しているわよ!って言うか、なんで奴の肩持つの?一体どっちの味方なのよ!むかっ(怒り)


ま、私と微笑みの君が、奴の事で喧嘩しても仕方ないんだけど…。たらーっ(汗)
怒れば怒るほど、奴の胸元摑んで「金払え!」と怒鳴りたい一方…。ちっ(怒った顔)
彼がまた私の良心を利用し傷つけるのではと、恐怖に慄いて胃が萎む。バッド(下向き矢印)

そう、つまり会うだけ会って、養育費の話は先送りするのでは?と…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


「まず会ったら最初に『養育費を下さい』って言うんだよ手(グー)。それで『今は無い』とか何とか言ったら、『そうですか、ではさようなら』って言って、帰ればいい事だよ。君はそれが出来る権利を持っているんだよ?養育費を払わない=子供に会う事は出来ない、だよ」

って言うか奴が娘に会う事にそれ程重きを置いているか、疑問だった…。もうやだ〜(悲しい顔)
私自身、奴の顔を一瞬でも見たくなかったし、お金を払わないなら娘を一瞬たりとも見せたくなかったのだ。むかっ(怒り)

お金お金言うと、金の亡者の様だけど…。バッド(下向き矢印)
どれだけ私が苦労して、ここまで娘を育てた事か!
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

食べる物も十分に買えなくてうどんを二人で分けたり、可愛い洋服も買ってあげられなかったり、一緒に過ごしたくても働く為に、泣く娘を無視して預けなくてはならず、どんなに辛く苦しかった事か!

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ムカつくクソッタレめ!パンチ
「でジェイソン、それで私があなたに会ったら、今回は幾ら程、養育費を貰う事が出来るのかしら?」

やっぱ、事前にメールで答えを聞いてからにしようっと。mail to
2,3度聞いたが、上手くはぐらかされて、幾らか明記されない。
いつもどうり、『払う、払う』の繰り返し。むかっ(怒り)

でも自分の要求は忘れない。
「何日に会うんだい?何時?どこで?ヨピコの携帯番号は?」
で私の限界がやってきた。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

ある日、大泣きした。もうやだ〜(悲しい顔)
体がガクガクして、息が浅くしか出来なくなった。あせあせ(飛び散る汗)
「駄目だ。もう怖くて怖くて奴に会ったりなんて、絶対無理!」

私はこの問題の、問題点を微笑みの君に告げた。手(チョキ)
まず@誰にも理解されない、私の孤独な妊娠と子育ての過去
   A現時点での私の見えない立場と、権利


以上2つが、私の精神を不安定にして、パニック状態にした。がく〜(落胆した顔)
@については、まさかジェイソンに私の辛い過去を持ち出したところで、怒りと言う火に油を注ぐがごとくで、悪化するばっても良くはならないだろう。

なので微笑の君に、ずっと奴はこうだったと、愚痴らせてもらった。
すると胸の中がスッと、落ち着いてきた。グッド(上向き矢印)
Aについては、憶測ではなく確実な答えが必要だったので、専門家に話す事にしたの。

約束の1月9日の前夜。夜
ジェイソンに娘の体調が良くないからと嘘メール
すると朝の5時半頃、返事の10日でOKメール…。

っていうか、コイツ翌日会う時間を11時から、12時に変えて欲しがったのは、夜オールで遊んで疲れるからだったのか!?むかっ(怒り)
朝帰りでメール!?やっぱり何てムカつく奴なの?

そして9日に急遽、弁護士と話す事にしたんだ。
結果は、素晴らしいものだった。
まず私が彼に正式に要求出来る、養育費の件。

そして娘の父親が法的に持つ、私と娘に与えられる権利の件。
これを知らないが為に、私は奴と会っても強気で居れないのだ!
「もし彼を怒らしたら、どうなっちゃうの」って。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


前回の結婚の時、弁護士に言われた一言。
「戸籍謄本に娘であると、彼が認知している。つまりアメリカの移民局がこれを見た際に、なぜ父親がアメリカ人なのに移民ビザの申請をするのか?この実の父親はこの子の渡米とビザ申請に、同意しているのかと問題となった場合、娘さんのビザを拒否される場合がある」

マジかよー!!ってなった…。あせあせ(飛び散る汗)
だからジェイソンに会った時、強気で彼と話す事なんて無理でしょ!?バッド(下向き矢印)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

でも結局は、それが本当かどうかも不明になった。バッド(下向き矢印)
実際彼らの手元に、そういったケースがどうなったのか、結果が無いのだ。
結局この弁護士の話も憶測でしかなかったのだ。

でもあり得ない話ではない…。あせあせ(飛び散る汗)
その憶測と憶測の狭間で、一か八かの賭けになるのだ…。
今回も娘のビザの件は、今一つ不安材料として結論は出なかったのだが…。

「あなたが養育費を貰う権利は勿論あるけど、私は今あなたに一番大切な事、必要な事を考えた方が良いと提案するわ。今あなたはこの彼(微笑みの君)と娘さんと一緒にアメリカに行く事が、一番大切な訳でしょ?だからどうせ今まで、この5年間貰えなかった養育費を今貰う事よりも、まずはアメリカに行く為に必要な、娘さんのパスポートを手に入れる事を考えたらどうかしら?アメリカ人の娘なんですもの、娘さんに正当な権利であるアメリカ人のパスポートを、丁度ラッキーにも絶妙なタイミングで日本に来ている父親に、一緒に大使館に行って貰って申請して来たら良いんじゃないかしら?」

な、ナーイス!揺れるハート

そうだよ!
アメリカのパスポートだよ!
分かってたけど、この時点で考えた事も無かった!

(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)ウンウン

娘がアメリカのパスポートを持っていれば、移民ビザ申請の事で何も悩む必要なんて無いのだ!
そして私は娘の為、私の幸せの為、奴と会う道を選んだ。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!










posted by ヨピコ at 15:56| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記にしとくべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パスポート、超ナイスなアイデア。
わたしだったら、パスポートをゲットして縁を切っちゃいたいかも。
微笑みの君の心配も分かるし。
ガーンってことは、ジェイソンとの会見でなんかあったの?
気になります。。。
Posted by かんさん at 2007年01月22日 03:01
前にも書いたかもだけどうちも認知させちゃったので子どもが14歳(でしたっけ?)になるまではいろいろな更新とかに必ず父親のサインが必要になるわけで、その度に連絡を取らなきゃいけないかと思うとゾッとします・・・まだ1歳だからあと2回くらいかな。
娘さんのパスポート取るのはナイスアイディア!!ってあたしも思ったんですけど、まだ5歳だからまた5年後に連絡しなきゃいけないのが嫌ですよねぇ〜・・・あたしも認知さえサインさせなきゃ移民ビザを・・・とも考えたけど結局帰国しちゃいました^^
Posted by みかん at 2007年01月22日 10:44
かんさんさん>

ねー。色々ありすぎて、一番何が大切なのか、見失っていたというか、見えなくなっていました。私たちの事と娘は関係ないので、出来れば娘には彼女にあって当たり前の権利だけは、手に入れておいてあげたいです。
縁が切れればそうしたいけど、パスポートは更新もあるし、そうそう簡単にいかないんですよねー。本当だったら、こんなに我慢せずにさっさと切っているところでしたから。一難去ってまた一難です。



みかんさん>

本当ですよねー。
関わりを持ちたくないのに、辛いところです。必死で堪えてるのも、私の一時の感情で娘に損はさせられないと我慢して、今回の判断に至ったのだけど…。勿論これが吉と出るか、凶と出るかは謎ですがねぇ。何が正しいのか、失敗になるのか、後々にならないと分からないのが、人生なのでしょうか…。
ま、今回は6万円貰えたので、6万円の仕事をしたと思う事にします。色々考えると、夜も眠れないくらい、ムカつきますから。ははは!
Posted by ヨピコ at 2007年01月23日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。