2006年01月29日

作戦決行?

母の法事で実家に戻ってました。電車

が、
今日は早速自宅に戻り明日に備えています!
何を隠そう、明日こそ作戦決行日だからなのです。
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

現在までにお前はストーカーか!と言う位、微笑みの君にメール何通も送り付けました。電車の時刻表から、今回の逢瀬のスケージュールまで盛り沢山に…。mail to

私ってかなり計画立てる事が好きなのよねー。ぴかぴか(新しい)
それだけで夢見れちゃう程幸せ…。
(*/∇\*)キャ

だけどにメールが来て以来、彼からの音沙汰なしたらーっ(汗)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

もしこのまま予定通りだと、彼が新幹線等を乗り継いで会いに来ます。新幹線
そしたら多分彼が滞在する何日かの内に、娘と3人でディズニーランドに行くつもり…。
一緒にホテルにも泊まっちゃう予定なんだけど…。ホテル
(/ω\) ハジカシー

でもまだ連絡なし…!バッド(下向き矢印)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

絶対絶対、待ちぼうけですぅ!
キャンセルなんて絶対ですぅ!
どうか会えますように…。ムード
☆彡 *.:*:.。.: (人 *)





posted by ヨピコ at 23:44| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記にしとくべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

思わぬ大作戦

微笑みの君が仕事で出航てしまってから早4日…。船
しかし私には既に一ヶ月位経っちゃった程の辛さ
こんなんであと数ヶ月も我慢出来るのかな?たらーっ(汗)
狂っちゃうかもよ?
(-_-)ウーム

会いたい。
会いたい。
会いたい。


彼が出発するギリギリまで一緒に居たのに。ムード
出発前日は彼がDutyで会えないハズだった。
だけど彼が「家に帰れるようになった。一緒に過ごしたい」って。
勿論私ったらプライドも何も無く二度返事で泊まりに行ったのに…。

そこまでしたのに…。
だけどもう禁断症状…。たらーっ(汗)
(つд⊂)エーン

数日前日本のとある南の港に着いたらしく、早速私に電話をくれた。携帯電話
それは火に油を注ぐ様なモノと言うか…。
寝た子を起こすと言うか…。
焼け石に水と言うか…。

折角諦めて我慢しようとしてるのに、その中途半端な「声は聞けるが会えはしない」と言う中途半端な状態が、益々辛さに拍車を掛ける…。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

「今度近いうちに僕達は、○○に行くんだよ」船
(停泊地は現段階でお伝え出来ないの)
「へえ。結構近いかも…。頑張って会いに行っちゃいたいよ…」
「え?近いの?どの位近いの?」

「多分新幹線に乗ったりして○時間程かな」新幹線
「え?本当?じゃ僕がそっちに行くから!」
(゜ロ゜;)エェッ!?

「ほ、本当?」ぴかぴか(新しい)
「うん。君に会いたいもの。自分へのご褒美!君に会えて一緒に居れるなら、どこまでも行くつもりだよ」揺れるハート

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

早速、時間と電車賃を調べて電話で報告する。携帯電話
「ワオ!思ったより全然近いし安いね!」
「そう?良かったー!」

と言う訳で、彼が今度こっちに戻ってくるかもです…。
勿論一応、上司に港を離れるので許可を取るらしいです。
個人的に凄い挑戦だと思うので、許可されない可能性ですが…。

大丈夫なのかな…。
来れるのかな…。
会えるのかな…。

ε-(ーдー)ハァ

今までは会えないなら会えないで、自分の溢れる気持ちをダムの様にせき止めブロックし、他の事に熱中して会えない辛さを、心の奥に閉じ込め忘れていられたけど…。

この切なさは本当に久しぶり…!グッド(上向き矢印)
会いたくて、苦しくて、切なくて!
胸が張り裂けそう…!
揺れるハート
(*/∇\*)キャ


以前癒しの君に「ハニー」と呼ばれウキウキしてた私。黒ハート
微笑みの君はそんな言葉に弱い私を知ってか知らずか…。
「ベイビー」「ハニー」「スィートハート」と色々呼び掛けてくる…。

あああううう…!
鼻血出まくり…。
既にもうメロメロでしゅ…。

何をしても彼の事ばっかり考えている能力激低下中の私。
日に4,5度掛かってくる電話を禁断症状で待つ私。
あああああ。

こんなにホレちゃまずいでしょ?ふらふら
こんなんじゃ完全敗北でしょ?


(´。`)はぁ・・・
posted by ヨピコ at 19:05| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常識の狭間

<アンドリュー第二話〜番外編〜>


前回までのアンドリューと私はこちら


結局私とアンドリューとの距離は広がってしまった。次項有
身体的不適合原因で…。
だけどそんな事、誰にも言えるわけ無い…。

エイミーの家でパーティーが会った時の事。バースデー
まだ私が招待され、勿論アンドリューも招待された。
私達は別々の場所で別々の人達と話し込んでいた。

するとエイミーが聞いてきた。
「最近アンドリューとどうなの?」
「どうって…。前程親しくなくなったかな…」バッド(下向き矢印)
「あら、本当?私達の間であなた達は付き合ってるってもっぱらの評判よ…」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

誰がそんなをどんなでしてるって言うの!?がく〜(落胆した顔)
「私達付き合ってないよ」
「でも彼の家に泊まったり、彼と深い関係だったりしてる訳でしょ?」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「えぇ!全然そんなんじゃない。そんな関係じゃないもの!」ちっ(怒った顔)
「ははは!そうね、そうよねー」
皆笑って、全然信じている感じじゃなかった…。バッド(下向き矢印)
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

するとそこへトッドが私を呼んで、彼の横に座れと言う。いす
「何?どうした?」
と私が彼の横に座ろうとした時、いきなり彼にお尻をつかまれた!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

え?えええ???
「ちょっとー!酔っ払ってるの?」がく〜(落胆した顔)
焦ってエイミーをチラ見する…。
気付いてない…。たらーっ(汗)
ホッ(-。-;)

「ヨピコ、君は3Pに興味あるか?」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
はあ?
はあ?
はあ?

「な、何、トッド一体どうしちゃったの?」がく〜(落胆した顔)
「実はエイミーも僕も3Pに興味があって、それで君を今日それに誘おうって話し合ったんだ。彼女も君なら良いって…」
「はあ?って言うか、私は興味ないから!」

「いや、君には絶対経験必要だと思うよ!」かわいい

(゜Д゜) ハア??

私はヨロヨロと立ち上がりその場を去った。ダッシュ(走り出すさま)
エイミーをチラ見する…。
彼女は相変わらず、ニコニコと皆と話してる。
…どうなのこれ?

私と彼らの弟マットが、良い関係だった事知ってる筈でしょ?
それに一応彼らは、アンドリューとも私が付き合ってるって思ってるんじゃないの?ずっとずっと友達だと思っていたのに…。もうやだ〜(悲しい顔)
私が知っている常識って言うのはここには存在しないの?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そう言えば以前私が日本語を教えていた、カナダ人のAETの女の子とアメリカ人のAETの男の子が、パーティー会場の物陰でメイクアウトしてるのを偶然目撃した。目あせあせ(飛び散る汗)
その後その彼から告白されたので、カナダ人の子に何気に彼と付き合ってるのかどうか聞いたら、彼女にあっさりハッキリ彼とは寝るだけの関係だと言われた…。がく〜(落胆した顔)

私には何故だかショックだったし、受け入れられなかった…。バッド(下向き矢印)
こんなモノなのか?
ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/


その後パーティーがお開きになり、皆続々と帰っていった。
するとエイミーが泊まっていけばと言ってくれた。家
トッドの誘いの後なので変な気分だったけど、他にも泊まる人がいるという事だったので、安心して勿論エイミー達とは別部屋に泊まる事になった。

私の他に泊まる人達。男性二人
その内一人はアンドリュー…。たらーっ(汗)
当たり障りの無い会話をして、私達は川の字で寝る事になった。眠い(睡眠)
そして何故か私は真ん中…。

私が寝ていると、アンドリューがいきなり布団に入ってきた。夜
ギョ!っとして目を覚ますと今度はキスしてきた。
(≡д≡) ガーン
最低!
最低!

でも隣には他の男性がいるしまだ少し未練があったので、さすがに声を上げずに彼と話そうと必死になってバタバタした。だけど彼は何と下半身裸で、私の手を自分のプライベートパートに持っていこうとし、また私の体にも触ってきた…。手(パー)

「君の事が忘れられない!君と離れたくない!」
囁きだったけど、切羽詰った感じだった…。耳
…でも。
…でもね。

だったらこんな風にじゃなく、もっと色々な会話が必要じゃないの?
これじゃ、私の体が目的みたいじゃないの?もうやだ〜(悲しい顔)
彼に迫られれば迫られる程、私はしらける一方だった…。
┐(´ー`)┌ 

で私はトイレに逃げた。トイレ
ヾ(>▽<)ゞブハハハ
丁度明け方だったので急いで荷物をまとめ、その日研修していた日本語教師のクラスの為、電車に飛び乗り東京に向かった。電車
電車の中で私は、もうアンドリューと会うのを止そうと心に決めた。

100人の男性に外側(体)を愛されるより、1人の男性に本当の私の内側(心)を愛されたい…。私の全てを受け入れて欲しいのだ。
彼は悲しい事に100人の内の一人だったのだ。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


その後、マットからメールが来た。mail to
ロシアでは諸事情でメールを送れずに、本当にゴメンネと。
そして私とアンドリューが彼が日本を発った後、付き合い始めたと聞いて非常にショックを受けていると書いてあった。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

ええ!?ち、違うよ!そうかもだけど、でも違うの!
そしてどれ程彼が、私がコロラドに遊びに来るのを楽しみにしていたのか書いてあり、その後私の変わり身の早さを残念がりまた怒っていた…。バッド(下向き矢印)

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そして私達は完全に終わってしまった…。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


アンドリューが来ないので次のパーティーに私は出席した。
その日、来日したばっかりのアメリカ人AETから告白された。
でも全然満たされなかった…。
興味も持てなかった…。

帰り、エイミーの迎えを待つトッドからまた3Pを誘われた…。もうやだ〜(悲しい顔)
「君には素晴らしい経験が必要だよ。それが足りてない!」
どっからそのアイディアがやって来たのやら…。

そして何もかもが嫌になった…。
お願いです。私を性的対象として見ないで…。
何故だかとっても寂しかった…。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

それから私は彼らAETと距離を取るようになった…。


注)全てのAETが彼等の様である訳ではありません。








posted by ヨピコ at 14:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Hっぽいかな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

不適合

今考えると何故彼をアンドリューを、好きになったのか不明…。バッド(下向き矢印)
言って流されやすい恋愛体質だったのだと思う。
つまり「好き」と言われると、そのまま流されちゃうのだ…。牡牛座
ハッキリ言って自分の中に芯が無い、主体性の無い女だったのだ!


<アンドリュー第一話〜トラップ?編〜>


アンドリューとの出会いはこちら


マットがアメリカに帰った後仕事に打ち込んでいた私。ペン
アンドリューからは相変わらずお誘いの電話が掛かってくる。
もっと驚いた事にあのエイミーまで、私に彼が出掛けたらどうかと言ってくる様になったの!

それって一体…?あせあせ(飛び散る汗)
@やっぱり彼女にとって、義弟マットと私が上手くいく事が絶対に許せないから、他の男を進めるって事ぉ?
Aアンドリューも彼女の旦那と同じAETだから、付き合い上仕方なくデート位はと進めるの?社交辞令?
B実は義弟マットと私の関係はもう終わってしまった…。(マットから言われたとか?)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

マットがロシアに行ってしまっていて、全然状況が分からない私にとって、エイミーの行動は非常に心かき乱すものだった。ふらふら
そんなんだったら、取りあえず一度はアンドリューと出掛けてみても…?
と言う訳で、彼らの根気に負けて私はアンドリューと出掛ける事にした。

アンドリューはカナダ人。
黒い髪に黒い瞳で身長は190位あったかな。
良く映画で見るような、イタリアンっぽいセクシーな外見で、結構女にモテモテだったらしい。(" ̄д ̄)

アンドリューは学校から支給して貰ってるオシャレな家に住んでいた。家
私は彼の家に行き、そこで彼の車に乗って近くの街に彼と出掛けた。
ハッキリ言って、何したかも覚えてない程つまらなかった…。
( ゚┌・・ ゚)ホジホジ…

帰りの車で彼が言った事…。車(セダン)
「僕は最近ずっと付き合ってた彼女と別れたばっかりなんだ…。今だから女の子と付き合うつもりって無いんだよね…」

(゜Д゜) ハア??

…いつ私が付き合いたいって言ったのさ?むかっ(怒り)
今までかつて、告白する前にフラれた事なんぞありませんが?
って言うか、私だって付き合うつもりありませんが?

まったく!ちっ(怒った顔)
失礼な奴じゃない?
自分が一番誘ってきたんじゃん!
ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

が、しかし!
その後連絡が無くなると思いきや、また会おうと言ってくる。
良く分からない奴でムカつくんだけど面白いし、地方で英語に接する機会が貴重な当時の私にとって、格好の時間潰しとして会っていた。
εε= κ( ` ▽´)κケケケ

パーティーに行く時はいつも二人で一緒だった私達。イベント
当時私はその地域で「AETキラー」と呼ばれていたの…。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
だからと言って私からは、何もアクションを起こしちゃいませんがね…。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

私って全然モテない女と思っていた。
実際高校の時なんて全然モテなかった…。
( p_q)エ-ン

だけどどういう訳だか外国人と接する様になってから…。
男性から結構、告白される様になったのです。黒ハート
だからと言って、どうして良いのか分からなかったんだけどね!わーい(嬉しい顔)

だからきっとアンドリューも周りに触発されたんだと思う。
それから「好き」って言ってくるようになったの。
私も冒頭に書いた通り、流されやすい主体性の無い女だったから、全然好きなタイプでもないのに「好き」って言われると、その気になってしまったのかもね。たらーっ(汗)

後で分かったんだけどアンドリューが彼女を作らないのは、彼曰く以前彼女がいたのに韓国に旅行に行った際そこで浮気をしちゃったんだって…。失恋
その罪悪感から、彼女と別れたんだけど自分が未だに許せずいるそうな。パンチ

よく坊さんになりたいって言ってた…。犬
出家したいらしい…。
(不思議な奴であった…)

そんな中私達はかなりマメに会うようになってたの。
家にマメに遊びに行って、映画を見たり話をしたり。
そんな関係も2ヶ月位続いて…。

遂には泊まったりする様になったの。夜
と言っても、勿論まだ体の関係は無かった。
ただ、キスはしてたかな…。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

そして初めて彼が私とキスしてて服を脱がしてきて…揺れるハート
つ、遂に曖昧な関係のまま、これ以上進んじゃうの?
って思った時!
勿論、私の頭の中にはマットの事やハリーの事が過ぎりました…。次項有

( p_q)エ-ン

でも、遠くの恋愛より近くの恋愛?ー(長音記号2)
そしてチョッとの罪悪感

でもイイもん!
この関係に賭けちゃうもん!
と確信した時!

|∀・)・・・・・

な、何だ?

|∀・)・・・・・

え?もしや?

|∀・)・・・・・

そうです。
そうなんです。
彼のプライベートパートが、つまり大き過ぎて…。がく〜(落胆した顔)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

入りません…。たらーっ(汗)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

非常に表現しづらいのですが、つまり彼の円柱が私の股のいわゆる平らな部分一杯にある為、どうこうする前に身体的に不適合な訳なのです…。
( ゚Д゚)ヒョエー

恐ろしくて私には見れませんでした…。もうやだ〜(悲しい顔)
(≡д≡) ガーン

その時の彼のショックは酷いものでした…。
「だから女はもう御免だったんだ!」
「これは罰なんだ!」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

その挙句…。
「もう君とは付き合いたくない!もうこうやって会うのは止めよう!」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


自分で運転しながら帰る道。車(セダン)
涙が滝の様に溢れてきたので、車を止めて大泣きしたっけ。
好きになってたのかな?ハートたち(複数ハート)

良く分からない…。たらーっ(汗)
多分自分のモノにならないから、悔しかっただけかも…。
子供が店で買って貰えないオモチャが欲しくて泣くような…?
ヾ(>▽<)ゞブハハハ

でもこんな場合ってどうなの?
体が不適合だと、男女は付き合えないの?
恋愛って心の繋がりだけじゃ有り得ないの?


ま、この場合の私とアンドリュー。
それ程の心の繋がりは無かったけどね…。バッド(下向き矢印)
マットとの方が、理解し合えていた気がする…。

そして…。
私にはまだハリーがいるもんねー。
と、切り替えの早い、最低女の私がいるのであった…。
ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ


追記;勿論アンドリューとのこの一件後、私は傍目からもかなり分かる程に本当は落ち込みました。もうやだ〜(悲しい顔)
そんなに思ったより簡単に、私という人間の心は切り替えられなかったようです…。





posted by ヨピコ at 21:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Hっぽいかな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

箱根旅情

微笑みの君が平日一日休みを取ってくれました。わーい(嬉しい顔)
そこで彼と私と娘で箱根に温泉旅行に行く事に!
日曜日と合わせて一泊二日の旅です。

箱根は以前元旦那さんとも訪れた温泉地なので、今回は違った感じの旅ににしたかったの。だから行く所も変えたりしたかったんだけど、結局は余りコース的には変わらなかったかな…。たらーっ(汗)
( p_q)シクシク

貸しきり温泉のあるホテルを調べた結果、今回は朝食付きのペンションにしました。家

Hakonepension.jpg

B&Bタイプとでも言うのでしょうか。レストラン
微笑みの君は夕食付きホテルって言ったけど…。
とても刺身チックな日本食は、無理そうなので今回は勝手に却下しました。ふらふら

予定のコースは…。電車
<一日目>
横浜→箱根→大涌谷→仙石原→ペンション
<二日目>
ペンション→芦ノ湖→小田原→横浜


が、記事にしました通り前夜、二人で横須賀でカラオケで飲んだ結果…。カラオケ
横浜出発がお昼過ぎになってしまい、結局箱根に着いた時には雲一つなかった天気も、寒く雨が降り出しちゃう始末…。小雨

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

で仕方なく、仙石原のペンションに直接向かったの。バス
私達の泊まったペンションは、内風呂が二つと露天風呂が一つ。

三つベットの並んだ部屋に入り、三人でお茶しながらユックリする。喫茶店
「何だか久しぶりにユックリする様な気がする。アメリカに帰ってた時、全然ユックリする暇がなかったし、こっちに戻ってからは仕事で忙しかったしね」
「私と会ったりしてたから休む時間なかったしね」ふらふら
「ははは。それはないよー」わーい(嬉しい顔)

次にお腹が空いたので、近くのお蕎麦屋さんに向かったの。くつ

HakoneDinner.jpg

微笑みの君はお蕎麦が嫌いらしいので、二人で天ぷらうどんを注文。
天ぷらは大好きで、その中でも海老天は大好物らしい…。
ま、一番の難点は野菜が嫌いだって事なんだけどね…。バッド(下向き矢印)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

部屋に戻った私達は、早速内風呂の温泉を楽しむ事にしたの。いい気分(温泉)
娘は公共のお風呂が大好きだから、大興奮でハシャギまくり!
勿論温泉だから入った後は、お肌がツルツルになってたしね!るんるん

露天風呂は冬は寒くて、遅い時間は床が凍ってしまうらしいの。雪
だから娘がいると大変なので、二人で入る事にしたの。
ロマンチックだしね!ぴかぴか(新しい)
キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

HakoneRotenburo.jpg

が!
お風呂のが壊れてしまって、が掛からなかったの。パスワード
誰も来ないよね?と言いつつ、私は速攻浴衣を脱いだの。ダッシュ(走り出すさま)
(結構、裸族な私…)
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

お風呂には木の蓋とお湯が冷めない為のシートが掛けてあったの。
必死でその蓋とシートを取り外したんだけど…。
外気が体に冷たい風の鞭を打つ!
「さ、さむー!」

(((=_=)))ブルブル

軽くシャワーで流してから、お風呂飛び込むしかない!
「あうう!全然すぐには温まらないわよね?」
「そうでもないよ?」と微笑みの君。
「そうか、そうでもないか…」

って、オイ!
「あんた、まだ服着てるやんけ!」
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

「不思議に思ってたんだ。何故君がお風呂の蓋を開ける前に脱いでしまうのかなって。開けてから脱げばそんなに寒くないでしょう?」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

ご、ご指摘、ごもっともでございます…。
「ええ!言ってくれれば良かったのに。寒くて死にそうよー」
「んー。何か日本式な方法、もしくはスタイルがあるのかと思ったんだよ」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!
ある訳無いっす…。
単に馬鹿なだけだっす…。

((´д`)) ぶるぶる・・・さむぅ
((´д`)) ぶるぶる・・・さむぅ
((´д`)) ぶるぶる・・・さむぅ

すいませ〜ん。
全然ロマンチックじゃ無くなっちゃったんですがぁ?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

その後お風呂は温かいものの、無理がたたり体がなかなか温まらなかった。
寒さで口数が減ってきた為、仕方なく二人は内風呂の温泉に移動したんだ。
やっと温まったせいか、口数が増えた私は早速彼と飲むことに。

その後ラウンジで、アルコールを飲みながら二人で楽しくお話しました。


次の日の朝食はこんな感じでした。
ふかふかのパンと手作りのジャムが最高でした。

HakoneB&B.bmp


あいにく曇りの天気でしたが、私達は大涌谷に向かいました。
残念な事に彼の楽しみにしていた、富士山は見えずじまい…。

owakudani.bmp

霧深く肌寒い中、黒たまごや海老フライランチを食べたり。レストラン
お土産屋で彼がクダラナイ源義経人形を購入したり。
結構楽しみました。わーい(嬉しい顔)


<微笑みの君富士山エピソード>
日本に来た微笑の君は、どうしても富士山を近くて見たかったらしいの。
そこで電車に飛び乗って、富士山を見に行く事に!電車
だって富士山が見えそうな駅が近くにあったからです。ぴかぴか(新しい)

その駅の名前は…。
「藤沢…ふじさわ…Fujisawa?」
藤沢駅富士山は何処だと人々に聞いて回った御馬鹿話でした…。
ヾ(>▽<)ゞブハハハ


その後、芦ノ湖でフェリーに乗船。船
バスで小田原まで行き、その後電車で彼の家に帰る事に。
寒かったけど、とても楽しい思い出が出来たよ〜。
ワーイ・ワーイ \(^_\)(/_^)/ ワーイ・ワーイ


そうもうすぐ、彼がクルーズに出ちゃうから少しの間お別れ。船
春まで戻ってきません…。
また寂しくなります…。もうやだ〜(悲しい顔)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

posted by ヨピコ at 14:47| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行イッチャオ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラヴ

夕方、薄暗くなった部屋でくつろいでいた時の事。家
私が微笑みの君に膝枕しながら、二人で話してたの。
すると口数の少なくなってた微笑の君が一言…。

「Yopico, I'm in love with you...揺れるハート
(*゜ロ゜)ハッ!!

突然の告白
顔が真っ赤になっちゃうでしょ!?
でも何て答えて良いのか分からなかったの…。バッド(下向き矢印)
だから彼を抱きしめる事しか出来なかった…。

"Love"って言葉…。
けして簡単じゃない言葉…。
普通はそんなに、簡単に言ったりしない言葉…。

同じ離婚を経験してる二人。
だからけして彼は、ノリでその言葉を言ったりしたりしない。
じゃ私は、彼を彼との関係をどう思っているの?ムード
その時、私の中に答えは見つからなかった…。

その夜何事も無かった様に二人で保育園に娘を迎えに行き、私が夕食でパスタを作って皆で食べ、DVD「トゥルーコーリング」を見たりしていた。
何でもない普通の事が本当に幸せに感じる…。黒ハート
彼と一緒にいるのが本当に楽しいの。

そして二人がまたちょっとだけ仲良しになった時…。夜
微笑みの君が私を抱きしめながらまた一言…。
「I love you...」

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

|∀・)・・・・・

Σ(゜m゜=)ハッ!!

って言うか、私はよ?!あせあせ(飛び散る汗)
私は彼の事どう思ってるの?
だってだって私…。
取って付けたかの様に「I love you too」なんて言えないもん。

「あー、あう…、あの私…」
「Baby、無理しなくてもいいんだよ…。その言葉を君が簡単に言えない事位、良く分かっているつもりだから。僕はただ今僕が君をどう思っているか伝えたかっただけなんだ」

ううう…。
あなたイイ人ですか…?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

彼が私を見つめて、優しくキスしてくれる…。
そして、罪悪感満潮右斜め上
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


初めての「I love you」の夜以降、彼からその魔法の言葉を度々囁かれる。耳
微笑みの君の言葉はとても優しく、聞く度に胸が高鳴る程…。

が、その度の私のリアクション。もうやだ〜(悲しい顔)
@笑ってごまかす
A彼に微笑む
B彼を抱きしめる
C彼の頬に軽いキスをする


最低…?
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そして彼と彼の友達と横須賀で、飲みに行きカラオケした夜。カラオケ
微笑みの君は相変わらず、恋の歌をメチャメチャを見て歌ってくる。
もしもし?あなたの友達とかいるんですけど?
ま、飲み放題コースだった為、皆酔っ払いモードでしたけどね…。ビール

微笑みの君も段々酔ってきて、私のに座るといきなり語り始めた。いす
「僕は離婚してからというもの、誰ともに落ちたりするつもりは無かった。誰とも付き合うつもりも無かった。でも君と会って全て変わってしまったんだ。君は多分僕が、どれだけ君をケアしてるか、どれだけ君を愛してるか分からないと思う。だから僕はそれを毎回伝えていく。今君が僕を愛していないのは分かる。だけどきっと振り向かせて見せるから…」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!

「ちょ、ちょっと待ってよ。振り向くも何も私達付き合ってるでしょ?あなたは私にとって特別な存在だよ」
「だけど僕をまだ愛していないだろう?別にいいんだ、僕は近いうちに君のを手に入れるからね」

「よ、酔ってるでしょー!」
「酔ってないよ。それより僕は君に愛される可能性はあると思う?」
「そ、それは…。勿論…まあ…多分…」
(しどろもどろかよ!)

微笑みの君って落ち着いてるし、けして熱くならない様な優しいおっとりタイプかと思ったら、結構積極的情熱的な面もあるんだって分かったかも…。

って言うか、ずっと最初の時から考えてた。たらーっ(汗)
私が微笑みの君をどう思っているのかって事。
…本当はかなり、メチャメチャ超が付く程好き。

でもこれは所謂「LOVE」ですか?
本当は怖いんです。
ここで「LOVE」を使ったら気持ちに歯止めが利かなくなりそうで…。
また傷つくんじゃないかって…。

だから彼にその言葉を伝えられずにいたの。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


カラオケの後、夜間保育園に二人で娘を迎えに行った。ビル
途中街角で、微笑みの君が急に立ち止まり私を抱きしめた。
「Ah, Honey, I love you... I love you sooo much...」

か、かわいい…。揺れるハート
デレデレ ヾ(´▽`*;)ゝ"
で、必死にどれだけ私を好きか伝えてくる彼に押されて…。
「I love you too...」

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

言っちゃいました…。
「ほ、本当?本当に僕の事愛してる?」揺れるハート
「…う、うん」
その夜、横須賀の街を飛び跳ねていたのは微笑みの君です…。ー(長音記号2)


そして最近、彼が私に言ってきた。
「またサンディエゴに帰る時の為に、少し出費を抑えようと思うんだ」
また彼と離れ離れになるのかと、ショックで返事のトーンが低くなった。

「そ、そう、また帰るの?いつ?」
「まだ決めてないけど…。次は君と君の娘を一緒に連れて行きたいんだけど?駄目かな?一緒に来てくれる?」

キャーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャー

うそうそうそぉ!
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

ま、マジっすか?
凄い嬉しくて、すぐに了解の返事をしたけど…。
したけど…。

私の体に恐怖の予兆の様なものが駆け巡る。がく〜(落胆した顔)
こんなに順調で良いの?
展開が早過ぎでないの?

こ、怖い…。

あああ…。
どうか、どうか、この愛が偽物でありませんように。
どうか、どうか、この愛が急激に冷めませんように。
ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/
posted by ヨピコ at 12:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛追求でしょ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

余計な心配

先週からかなりの時間を微笑みの君と過ごしています。
彼の家か私の家でかなり一緒に過ごしてマス。ムード
(/ω\) ハジカシー

彼のウチには、彼の職場の仲間が時々何人もいたりします…。
それも皆コンピューターのプロ?なので、見てるだけでも凄い…。ぴかぴか(新しい)
リビングに5,6人いて、全員が自分のノートパソコンをいじってる。
ツール類も凄いのよね…。

結構カッコいい男の子達が(浮気者め!?)色々な用語を飛ばして会話してる状況が、私には別世界でつい憧れてしまいます!
興奮しちゃうって言うか…。るんるん
(マニアかよ!)

っていうか、本当に凄いんですよー!
オタクって言うイメージとか全然ナイし!
何だか映画みたいなの。映画

私のパソコン…。
壊れてたので微笑みの君に直して欲しかったの…。たらーっ(汗)
でも会話聞いてたら、言い出しにくくなっちゃった…。
(×_×;)

「あれ?パソコン壊れてるんだよね?」と微笑みの君。
「…うん」
「見てあげようか?」
「うーん」

「ん?もう直った?」
「うーん…。パソコン開けて見せるのを見せる位恥ずかしい…」
(/ω\) ハジュカシィー・・・(/ω・\) チロ・・

「ぶ。ふーん…」
「だって、こんなのも分からないのかって思われたくないんだもん」
(/・ω・\) ハズカシイ
「ははは!思わないよ!大丈夫。見せて」

と言う訳で、ブログの更新も間々ならない状況だったので、取り合えず色々言い訳しながら見てもらった。たらーっ(汗)
お陰であっという間に、以前より好調になりました♪
ワーイ・ワーイ \(^_\)(/_^)/ ワーイ・ワーイ

結構機械系に弱いせいか、機械系に強い人に魅力を感じます…。揺れるハート
人間って自分にない物を求めちゃうのかしらね…。
(´∀`*)ウフフ


微笑みの君と彼の友達たちと夜、横須賀に飲みに行きました。ビール
結局最終的にはカラオケに行く事になったんだけどね。
彼ら本当に歌うの好きですから…。
(;^_^A

カラオケをしている最中の事…。カラオケ
彼の友達の一人、メキシカン系の男の子の隣に座ってたの。
何気に彼の手元を見たら…。手(パー)

nails.bmp

爪の白い部分…。
普通以上に大きくないですか?
ビックリですから!がく〜(落胆した顔)

爪伸びるの早いだろうなって余計な事を考えた夜…。夜
ヾ(>▽<)ゞブハハハ





posted by ヨピコ at 15:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記にしとくべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

悲報

新しい年がやって来ました!ぴかぴか(新しい)
皆さんいかがお過ごしですか?

去年は本当に大変な年でありました。
ハッキリ言って、人生で今のところ一番ドン底最悪の年ですよ!ふらふら
正直、どの占いを見ようがどの鑑定をして貰おうが、ここ過去3年程非常に悪い運勢でございました…。

振り返れば、未婚で子供を出産し子育てしながら仕事をこなし、子供の父親に怯えながらやっと一昨年結婚したと思えば去年離婚…。
そして悪い年も、もう終わると希望を抱いた頃、何と最後の最後にとどめとばかりに恐ろしく最悪の出来事が私を襲いました…。爆弾

大晦日に私は母を亡くしたのです…。もうやだ〜(悲しい顔)

あまりの衝撃愕然としています。
未だに現実として受け止めることさえ出来ません…。
あまりに急すぎて、早過ぎる母の死…。

病院の先生に見放された母はただ死を待つだけだった…。病院
母の血圧が、心拍数が、体温が段々に下がっていく。
私は呆然と、何も出来ずにいた…。がく〜(落胆した顔)
ただただ、母の体を擦るだけしか出来なかった…。
お別れも最後の言葉も交わせないまま…。


神様…。
チョッと私の人生、アップダウンが凄過ぎやしませんか?ふらふら
人生の中の大きな展開が、あまりにも短期間に集中させ過ぎじゃありませんか?
酷過ぎるよ…。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


でもね。
でも…。
今年からは私の人生違うもーんだ!手(グー)
やっとこのドン底から抜けます!抜けれます!

早速一番信頼している鑑定も受けたよ!
勿論今年からが好転していけるとの事!グッド(上向き矢印)
頑張るしかないよね!?


実は日曜日、微笑みの君がアメリカから戻ってきました。飛行機
ずっと心配してくれていて、成田空港から直接に来て泊まってくれました。
月曜日も私と娘を八景島水族館に連れて行ってくれました。

私が一人で悲しまないように…。
一緒にいてくれます。楽しませてくれます。揺れるハート
娘にも優しく接してくれて…。
気を使わないで済むのが本当に嬉しい。

今朝早く彼の家から戻り、仕事に行きました。
明日また仕事を終えたら、彼の家に行きます。
娘と一緒においでって…。
彼の優しさが心に沁みます…。ムード

そして私を励ましてくれる友達たちにも感謝します!ぴかぴか(新しい)
ありがとうね!


そして。
お母さん…。
まだまだ心配させるけど私はもう大丈夫。
また一つ一つ一歩一歩、頑張っていくね。
本当に色々今までありがとう!わーい(嬉しい顔)
どうか安らかに眠って下さい。









posted by ヨピコ at 20:18| ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記にしとくべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。